お知らせ

 2月23日:記事の公開時刻を変更しました。6:00⇒19:00
 
2019年3月16日、JR筑肥線の新駅「糸島高校前駅」が開業しました。同駅はいわゆる請願駅で、1990年代後半にはすでに設置構想がありました。つまり、構想から20年ごしの実現ということになります。

今回はそんな糸島高校前駅をめぐります。駅番号はJK07。

DSCN8257.jpg
駅舎は一般的な橋上方式を採用しています。雰囲気は鹿児島本線の新宮中央駅(新宮町)に近いです。写真上は北側(国道202号線側)から写したもの。

DSCN8258.jpg
つづいて、上の写真は南側(あごら側)から収めたものです。

駅の南北ともに住宅地が多く、とくに南口周辺の住宅街は、比較的最近に開発されました。といっても、開発が始まったのは2000年頃なんですけれどね。それまでは水田が広がっていました。ここ20年で、糸島市の筑肥線沿いは急速に都市化しました。その一例に、波多江校区の分割・東風小の設置を挙げることができます。

DSCN8254.jpg
コンコース周辺は筑前深江駅のように、コンパクトにまとめられています。

DSCN8255.jpg
コンコースからは線路や市街地を一望できます。写真上は筑前前原方面を写したものですが、実をいうと、右側にはかつて寿屋がありました。今では見る影もありません。

DSCN8253.jpg
こちらは改札内のコンコースから写した、姪浜方面の風景です(写真上)。駅前にはビジネスホテルがあるため、前原近郊でホテルをとる際に利用することもできます。コンサートや受験等で、もし福岡市内のホテルが取れなかった場合、この糸島高校前駅が大いに役立つでしょう。

DSCN8252.jpg
糸島高校書道部による、駅開業を祝う作品が展示されていました。

DSCN8259.jpg
ホームはJR九州の新設駅によくある、相対式の2面2線です。上りホームの姪浜側に撮影スポットがあって、すでにレイルファンのお立ち台になりつつあるようです。ホーム地面には、ホームドア設置用と思しき印が、等間隔で並んでいました。

撮影日:2019年3月17日

あとがき

3月19日からタイに行ってきます。とりあえず、カオニャオマムアンとドリアンが食べたいですね。あとはガパオ、カオマンガイ、クイティアオナムトック・・・食べきれるかな?




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク