近頃、台湾を訪れたら絶対に食べたい料理というのが一つありました。その料理―「知高飯」はなんでも、白飯の上に大きな豚角煮と煮卵、そして数種類の漬物を豪快に乗っけたものだそうで、ここ数年ぜひ口にしたいと思い続けてきました。

DSCN2907.jpg
ついに知高飯を口にできる機会が訪れたということで早速、この料理を提供することで有名な「伊通街知高飯」の最寄り松江南京駅にやってきました。ここから東に100メートルほど進んだ場所に、目的の店はあります。

DSCN2909.jpg
その前に、松江南京駅付近に残る日本家屋の調査に入ります。こちらの物件は2013年春に把握していましたが、なかなか近くを訪れる機会というのに恵まれず、ゆえに数年越しの訪問です。

DSCN2912.jpg
▲松江南京駅付近に残る日本家屋モドキ
こちらには2軒の日本家屋が隣り合うように現存しています。・・・といいたいところですが、昭和20年6月に撮影された米軍の航空写真を見てみると、この建物がないのです。当時、この場所はまだ水田で周囲は開けていました。

ということはつまり、この建物は戦後建設されたものということになります。見た目が日本家屋に類似しているだけに、つい混同していました。今回のように日本家屋がどこにあるのか、その建物が日本家屋かどうかについて調べる時、航空写真は非常に大きな役割を果たしてくれます。

DSCN2914.jpg
日本家屋モドキの横を過ぎ、さらに進むと伊通公園が見えてきます。ここで伊通街と合流して、この道を北に少し進むと目的地に到着です。

目的の知高飯、いざ実食へ

「伊通街知高飯」はたいへん小さな店で、雑居ビルの片隅に店を構えています。一応「知高飯」という表示が掲げてありますが、見過ごしてしまう可能性もあるのでお気を付けください。

DSCN2915.jpg
入店すると、店内には1~2人の客がいるだけで、幸いにも混雑していません。そもそも店が狭すぎるので、あえて混雑しない時間帯に来たのです。店中央部ではオバチャンが調理をしています。厨房はなく、客席の横で飯が盛られ、具材が盛り付けされていきます。

さてメニューはというと、店名にもある知高飯のほか、鶏腿飯、菜飯、おかず数品、そして味噌汁があります。白飯大盛りはプラス5元です。今回は知高飯(80元)を注文します。

DSCN2916.jpg
待つこと3分、知高飯がやってきました。白飯の上には数種類の漬物、煮卵、そしてあめ色に輝く豚角煮が乗っけられています。豪快すぎます。さっそく豚角煮を口にすると、感じる・・・プルプルの食感。しかも八角が入っていないようで、ゆえに香辛料の香りを気にせず美味しくいただけます。

DSCN2917.jpg
台湾の食堂でよく目にする辣椒醤は、九州でいうところの柚子胡椒に近いポジションのスパイスです。

私も台湾ではよくスープに加えているこの辣椒醤を、この店では手作りして販売しているのです。卓上の辣椒醤を口にしてみると、なるほどこれは美味い。ぜひ買って帰りたいと思いましたが、いかんせん今回利用した飛行機はLCC、容易く液体物を持って帰るわけにはいきません。

DSCN2918.jpg
伊通街知高飯の名わき役といえば何といっても、卓上にある大根の漬物でしょう。こちらはピリ辛に味付けされており、白飯によく合います。もちろん知高飯との相性もばっちりでした。

DSCN2919.jpg
知高飯を食べ終え、大満足のうちに再び台北の路地を歩いていると、道脇に歩行者レーンが設置されているのに気付きました。当初、歩行者の地位がたいへん低かった台湾も、ここ数年でだいぶ変わっています。

所在地:台北市中山区南京東路2段174号
撮影日:2017年3月31日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
こんばんは。

台湾の丼物で知っていいるのが、
魯肉飯と鶏肉飯位なんで、この
知高飯というのは、初めて知りました。
これは絶対に旨いですね。

>しかも八角が入っていないようで、
>ゆえに香辛料の香りを気にせず美味
>しくいただけます。

台湾料理、美味しいけど八角が…
という人も多いみたいですしね。
それがないとなると、我々日本人の
口にも馴染むでしょうね~。

後、豚の角煮は皮付きなんでしょうか…
日本だと、皮付きの豚肉を探すのが
難しいですが、アジア圏では皮付きの
豚肉もポピュラーだと聞いたことがあります。

大根の漬物も取り放題なのが良いですね。
KZ-1 #- [ 編集 ]    2017年04月16日(日) 21:56
こんばんは
知高飯、初耳ですね。


豚の角煮に煮玉子、飯の上、シンプルな構成だけに角煮の出来が大きな要素…いや、見ただけで不味い訳ないとは思いますけど。


八角を使用していない、これはそのまま日本に持ってきても通用しそうですね。中華屋にあったら間違いなくオーダーしますよ…。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2017年04月16日(日) 23:17
漬物、日本だけの物だと思っていました・・・

元を使っているとは意外です。(ニュー台湾$だと思っていました)

台湾なのに、松江だとか南京だとか、他都市みたいな駅名は、分かりづらいですね・・・

日本家屋が残っているなど、比較的親日派が多いと思っていましたが、やはり反対派はいるんですね。

台湾、日本人技師の銅像壊される ダム建設貢献、警察捜査 http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0390257.html #どうしんウェブ/電子版



(西鉄については、バスのほうが売上の7割を占めている(20世紀末に見た本によると;驚きましたが)わけで、バスを最重視するのは自然な流れには感じます。 とはいえ、バスが21世紀になってから、西鉄といえども不振で、業績が良いと思われる鉄道を見直しているように感じます。)
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2017年04月17日(月) 02:29
台湾旅行記 楽しく 拝見 しています いつか 台湾に 行きたいです
プルートパパ #- [ 編集 ]    2017年04月17日(月) 23:20
KZ-1さん
KZ-1様、こんばんは。

> 台湾の丼物で知っていいるのが、
> 魯肉飯と鶏肉飯位なんで、この
> 知高飯というのは、初めて知りました。
> これは絶対に旨いですね。

店によっては焼肉飯等々、個性的なご飯ものを提供する店があります。あまりの種類の多さに、毎度ながら驚かされています。


> 台湾料理、美味しいけど八角が…
> という人も多いみたいですしね。
> それがないとなると、我々日本人の
> 口にも馴染むでしょうね~。

これまで私が立ち寄った店の魯肉飯は、八角の味付けをしていないところが多い傾向にあります。家族経営の小さな店であればあるほど、その傾向が強いと思うので、ぜひ指標の一つになさってください。個人的な経験によると、有名な店は八角使用率が高いです。

> 後、豚の角煮は皮付きなんでしょうか…
> 日本だと、皮付きの豚肉を探すのが
> 難しいですが、アジア圏では皮付きの
> 豚肉もポピュラーだと聞いたことがあります。

角煮自体は沖縄のラフテーに近く、皮を取り除いてあります。一方、魯肉飯には皮入りとそうでないものがあって、作り方は店によってまちまちです。個人的には、皮入りの方が美味しいと思います。


> 大根の漬物も取り放題なのが良いですね。

それにしても、珍しく漬物が置いてありました。辣椒醤はよく見かけるんですけれどね。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年04月18日(火) 22:16
焼きそばさん
> 豚の角煮に煮玉子、飯の上、シンプルな構成だけに角煮の出来が大きな要素…いや、見ただけで不味い訳ないとは思いますけど。

通常の魯肉飯よりもボリュームがあって、なるほど80元もするわけだと思いました(魯肉飯は25元が多いです)。何といっても角煮が旨くて、行ったかいがありましたよ。


> 八角を使用していない、これはそのまま日本に持ってきても通用しそうですね。中華屋にあったら間違いなくオーダーしますよ…。

同じ旧外地系料理でも、朝鮮料理に比べて全く多く出回っていないのが台湾料理の難点です。出店が増えれば人気になるんでしょうけれども。その一方で、中国人がコンビニ空き店舗を使って「インチキ台湾料理店」を濫造させているのはなんとも残念なところです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年04月18日(火) 22:28
レラティーさん
> 漬物、日本だけの物だと思っていました・・・

その実、魯肉飯定番の付け合わせはたくあんです。


> 元を使っているとは意外です。(ニュー台湾$だと思っていました)

公式にはNTD、紙幣の上では円、民間では元といったように、場所によって言い方がバラバラです(笑)
そもそも元という言い方自体、中国だろうが香港だろうが台湾だろうが、公式の呼称じゃないんですよね。


> 台湾なのに、松江だとか南京だとか、他都市みたいな駅名は、分かりづらいですね・・・

私自身、今じゃすっかり慣れてしまいましたが、初心者には分かりづらいかもしれませんね。そもそも台湾人とは無関係な中国の地名を台北の街路に当てはめているので、いずれ改称されていくでしょう。


> 日本家屋が残っているなど、比較的親日派が多いと思っていましたが、やはり反対派はいるんですね。

八田與一像を毀損した李承竜は台湾人ながらも、国民党の洗脳教育を真に受けてか中国第一主義を奉じています。一方、国民党所属の蔡正元という人物も似たような存在として知られています。いずれも平気で情報を捏造するため、大変厄介な存在です。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年04月18日(火) 22:44
プルートパパさん
今はLCCも整備されてきましたし、以前よりもはるかに安い飛行機代で台湾に行ける時代がやってきました。台湾食べ歩きがもっと身近なものになっていけばいいですよね~
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2017年04月18日(火) 22:47
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):