4月20日から21日にかけて、博多駅前のイベントスペースで「福津ぶらり市」が催されました。このイベントでは、福津市の観光情報や特産品の紹介が行われ、これにあわせて商工会のマスコット「ふくふくちゃん」も駆けつけてくれました。

DSCN5918.jpg
イベントブースは小さい方のスペースに置かれていました。大きい方のスペース(大屋根下)では、恒例のファーマーズマーケットが開催中でした。

DSCN5919.jpg
振り返ると、福津市商工会のマスコット「ふくふくちゃん」がグリーティング中です。普段は福間駅の改札前で鎮座していますが、今回は元気に動き回っています。間近でグリーティングを眺めるのは、じつに2012年以来5年半ぶりです。

人の多い場所ではよくあることですが、グリーティング中、結構親子連れが集まっていました。県内のご当地キャラの中でも、比較的マイナーな存在だと思うので、これを機に多くの方に知ってもらえたら良いですね。

あとがき

今年に入ってから、台湾の神社跡で次々と大きな動きが出ています。

(参考ページ)
『自由時報』「〈中部〉陸豐國小慶百年重建日式鳥居」


本島西部、彰化県田尾郷の陸豊小学校では、かつて存在した校内神社の鳥居が再建されました。形状は神明タイプの靖国鳥居で、もともと存在した鳥居を忠実に再現しているようです。

日本統治時代に海豊崙国民学校と呼ばれた同学校では、1935年に校内神社が建立されました。戦後、神社跡地は孔子像がたつ広場になりましたが、鳥居はなお同じ場所に立ち続けていました。

やがて、1992年に校舎拡張にともない、鳥居は壊されました。それから約15年後の2018年、鳥居は元あった場所に再建され、現在に至ります。同時に、壊されて地中に埋められた旧鳥居も発掘され、鳥居横での展示が決まりました。

撮影日:2018年4月21日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク