博多駅を発着する電車の様子をお届けします。最後は博多駅から一駅移動して、吉塚駅ホームで列車の姿を少しだけ収めています。

DSCN3777.jpg
▲博多駅に停車する811系P13編成・鳥栖行き

DSCN3779.jpg
▲813系R003編成・回送

DSCN3780.jpg
さて、博多駅のホームに目をやると、「1963-9」の刻銘が目に入りました。博多駅が現在地に移転したのは同年の12月。つまりこの刻銘は駅完成当初から半世紀近くもの間、構内を見守ってきたということになります。

DSCN3781.jpg
福北ゆたか線(篠栗線)方面から電車が近づいてきました。やってきた電車というのが何と、若松線の主力として君臨する蓄電池電車・BEC819系でした。黒崎方面には817系が連結されています。

DSCN3782.jpg
▲博多駅と蓄電池電車
このように、819系が博多口に入線することもあります。

DSCN3783.jpg
▲883系AO-2編成特急「ソニック」
電車の前では親子連れが2組ほど撮影に興じていました。登場から20年経ったとはいえ、相変わらず子供や親子連れに人気の車両です。

それにしても今の子供たちは、883系登場時の塗装を知っているのでしょうか?
数種類の塗装パターンがあったことも・・・

DSCN3789.jpg
▲787系BM-11編成

DSCN3784.jpg
▲817系V2004編成
博多駅を離れて吉塚駅にやってきました。

DSCN3785.jpg
▲813系R225編成門司港行き
なんだか天気が悪くなってきましたね。

DSCN3786.jpg
▲813系R207編成福間行き

撮影日:2017年6月1日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク