(目次)
山中に眠る廃駅「旧東青山駅」をめぐる (前編)
山中に眠る廃駅「旧東青山駅」をめぐる (後編)



前編に続いて、近鉄大阪線旧東青山駅の遺構をめぐっていきます。

DSCN5495.jpg
旧初瀬街道の垣内宿から林道を進むこと30分、ついに目的地の旧東青山駅に到着しました。あまりに山深いので、風で木々が揺れる音しかしません。夏場だったら、ミンミンゼミの鳴き声もこれに加わるのでしょう。

DSCN5498.jpg
駅跡の先には変電所の廃墟もあるそうですが、長居は無用と思い、今回は駅跡の探索だけにとどめました。林道から駅跡に降りるには、崩れかけた通路を進んでいきます。こことは別に、近くに階段かスロープもあったようですが、今回は全く気が付きませんでした。林道から駅に降りる道がどうなっていたのか、また調べてみたいところです。

枕木が敷かれた、踏み分け道とおぼしき通路を進んで、駅跡に入っていきます。

DSCN5499.jpg
林道から一段低い駅跡に入ると、まず目の前に駅舎の基礎が残っていました。右手には滝谷トンネルが、左手にはホームが遺されています。名張方面のホーム先端付近は、廃線後に砂防ダムが建設されたことにより、その一部が撤去されました。

DSCN5513.jpg
旧東青山駅の発着線は2面3線の構造を有しており、駅舎側には島式の1・2番乗り場が、北側には単式の3番乗り場がありました。1・2番乗り場のホームは、木製台座の上をモルタルで舗装したものに、3番乗り場は石積みになっていました。

1・2番乗り場ホーム

DSCN5501.jpg
▲1・2番乗り場ホーム上から名張方面を眺めて
退避可能な構造だった1・2番乗り場には、タイル状の白線が残っています。

DSCN5502.jpg
▲1・2番乗り場ホームを支える木製台座
木製のホーム台座は経年劣化が進んでおり、あと数十年後には朽ち果てて倒壊するかもしれません。今のところ大丈夫みたいですが、今後どうなるか分かりません。また、床面自体もモルタルの下は板張りになっています。

DSCN5503.jpg
ホーム中間部分を砂防ダムが横切っており、その関係で一部ホームが撤去されています。古い写真にはホーム上屋が写っていますが、どうやら撤去された部分にあったようです。

DSCN5506.jpg
▲1・2番乗り場ホームから伊勢中川方面を眺めて
滝谷トンネルが大きく口を開いています。この旧東青山駅は、トンネルとトンネルの間に立地していたのです。

DSCN5504.jpg
▲砂防ダム堤防から伊勢中川方面を眺めて
砂防ダムから名張方面の構内は、冬場でも鬱蒼とした藪に覆われています。奥に進むと青山トンネルが開口していますが、今回砂防ダムより西には入りませんでした。

3番乗り場ホーム

DSCN5507.jpg
先ほど3番乗り場のホームは石積みと述べましたが、実際には名張方面が木で土留めされています。40年以上前に遺棄された区間なので、今となっては見るのも難しい古い構造が残っているのです。

DSCN5509.jpg
▲3番乗り場ホームの石積み部分と滝谷トンネル

路盤上

DSCN5508.jpg
夏場はすさまじい藪になるという旧東青山駅ですが、冬場は写真上のように、赤錆びたバラストをはっきりと目にすることができます。

DSCN5505.jpg
路盤上に赤さびた鉄板が落ちていました。おそらく看板の類かもしれません。

売店跡

DSCN5510.jpg
3番乗り場の真横、すなわち駅北側には売店がありました。岩の窪みに建てられた売店は、今まさに風化して崩れ落ちようとしていました。建物としての姿をとどめているのは、今のうちかもしれません。倒壊は時間の問題です。

足元に目をやると、昔ながらのジュース瓶が散らばり、売店の古い冷蔵庫も打ち捨てられていました。この風景を廃墟と呼ばずして何といいましょうか。

滝谷トンネル

DSCN5512.jpg
旧東青山駅を出た列車はすぐ、滝谷トンネルに入って榊原温泉口を目指しました。トンネルは今でも開口しており、通り抜けもできなくはないようです。

再び下界へ

DSCN5515.jpg
旧東青山駅の探索は10分程度で済ませ、再びもと来た道を下っていきます。30分かけて国道165号線沿いに戻ってきました。しかし、最寄りの東青山現駅はまだ1キロも先にあります。最後の力を振り絞り、坂を登り切るしかありません。

そしてスタートから2時間後、ついに現在の東青山駅に戻ることができました。これにて旧東青山駅跡めぐりは終了です。

撮影日:2018年2月




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク