2018年2月、私は大阪に来ていました。

およそ1日間の滞在を終え、これから夜行バスで福岡に戻る予定ですが、バスが来るまで2時間もあります。しかも夕食はまだです。腹が減ってきました。これから余った時間を利用して、大阪市内で腹ごしらえと行きたいところです。

鶴橋から大阪駅・梅田界隈へ

今回の滞在録は近鉄鶴橋駅のホームから始まります。布施方面からの列車を降りて、薄暗い鶴橋駅商店街に出てくると、やたら肉っ気のある香りが漂ってきました。焼き肉の匂いです。

焼き肉はちょっと高くつきますし、それに一人焼き肉は個人的に面白くないと思うのです。これが昼間だったら安価で食事できそうですが、夜になるとそうはいきません。とくに鶴橋駅前は高い店が多いので、今回鶴橋はパスします。

夕食はどこにしようか・・・とタブレットをいじっていると、大阪駅前のヨドバシに目が行きました。博多駅前の店もそうですが、ヨドバシカメラの上階には飲食街があります。嬉しいことに、以前から気になっていた「伝説のすた丼屋」が入っているじゃないですか。

東京発祥の「すた丼屋」は、九州ではまだまだ珍しい存在です。なんたって、福岡(久留米)と熊本にそれぞれ1店舗づつしかないのですから(2018年2月現在)。安価でいただけますし、今回の夕食処は「伝説のすた丼屋 ヨドバシ梅田店」に決めました。

ということで、鶴橋からJR大阪環状線で大阪駅に向かいましょう。103系が環状線から撤退した今、主力は323系と201系です。323系の真新しいシートに腰を沈め、大阪市内を移動していきます。京橋から酔っ払い組が乗り込み、大声で関西なまりを巧みに操りっています。10分ほどの乗車時間を経て、目的地の大阪駅に到着。

寒波恐るべし!北陸特急が全部止まってると!?

DSCN5535.jpg
大阪駅について驚きました。なんと、金沢方面に行く列車が全部止まっていたのです。おかげで北陸特急が発着する11番乗り場は閑散としていました。

この寒波はすさまじいもので、列車が止まっただけでなく、自動車交通にも深刻な影響を及ぼしました。福井県北部の国道では、雪が積もりすぎて多くの車が立ち往生になり、あまりのひどさに自衛隊が出動したほどです。

話を大阪駅に戻して、私は「サンダーバード」の表示が消えた電光掲示板を眺めながら唖然としていました。列車が来ないホームを冷たい風が吹き抜け、寒々しいです。はやく「すた丼」を掻き込みにいかねば!

DSCN5536.jpg
▲大阪「ひだ」は短い3両編成

JR大阪駅・阪急梅田駅前の動線は複雑なことで有名ですが、意外にもあっさりとヨドバシカメラに到着しました。エレベータで8階に向かうと、そこにはレストラン街が広がっていました。さすがは大阪、沢山の飲食店が入居しています。どれも気になりますが・・・そこはぐっと抑えて、ようやく「伝説のすた丼屋」に到着しました。

ガッツリすた丼、白米大盛りで!

「すた丼屋」を含め、どの店も満員御礼の状態でした。少し待たないと店内に入れなさそうです。とりあえず名前を書いて、順番が来るまで待ちましょう。意外にも待ち時間は短く、10分もしないうちに名前を呼ばれ、入店することができました。回転の速い店なんですね。あと1時間半でバスが来ますから、とりあえず「これで一安心」(中谷弥七最後のセリフ)です。

店名の通り、「すた丼」が看板メニューになっていますが、そのほかにもガッツリ系のメニューが沢山ありますね。しかし、初めて来たからには、基本形の「すた丼」を注文しないわけにはいきません。とにかく腹が減っていたので、飯増しの「すた丼」を注文しました。

DSCN5537.jpg
注文してから10分もしないうちに、目の前にはどでかい丼が鎮座していました。噂通り、食べ盛りの学生が喜びそうな食材の組み合わせですね。ニンニクベースのタレと一緒に炒めあげた豚バラ肉が、てんこ盛り白米の上にドンと乗っています。これなら、並盛でも十分におなか一杯になれますね。セットの生卵を加えたら、味がまろやかになって一層美味になります。

すた丼を堪能した後は、難波でバスを待つだけです。大阪駅から地下鉄御堂筋線で難波駅に移動後、地上に出てなんばHatch前に出てきました。

大阪滞在は難波の夜景でシメ

DSCN5539.jpg
ここ「なんばHatch」前には、今回利用した「ユタカライナー」の停留所があります。すぐ北側には道頓堀川が流れており、両岸はオフィス街・商業地域になっています。大阪の街明かりが水面に照らされ、明るく輝いていました。

DSCN5538.jpg
▲えらく割高な阪神高速

時計を見ると、バスが来るまで20分を切っていました。あとはバスに乗り込むだけです。

撮影日:2018年2月




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク