大阪の町が「天神祭」で賑わった7月25日。JR・阪急で起きた人身事故に加え、天神祭に向かう乗客が殺到したことで、JR大阪駅が一時地獄絵図さながらの状況に陥りました。

難波~(南海電車)~新今宮

当日、私は偶然にも大阪にいました。乗り鉄を兼ね、難波から南海電車で天下茶屋に向かい、さらに堺筋線に乗り換えて、淡路経由で梅田に向かうつもりでした。ところが、難波駅で運行情報を確認していると、堺筋線が止まっているではありませんか!

すべての悪夢は、阪急京都線の西院駅で発生した人身事故から始まりました。この事故により、阪急京都線・千里線、そして堺筋線は全線で運行を停止。おりしも天神祭の会場は堺筋線の沿線と被っており、大量の利用者が行き場を失いました。

これでは予定通り天下茶屋まで行っても、待ちぼうけをくらうばかりです。私は急遽予定を変えて、新今宮で列車を降りることにしました。

新今宮でJRに乗り換えた私は、福岡に戻るバスに乗るため、一路梅田を目指しました。堺筋線利用者が環状線に流れ込み、大混雑するのは目に見えていました。だいぶ余裕をもって、梅田に着いておこうと思ったのです。

新今宮~(環状線)~天王寺

新今宮からは外回りではなく、内回りで大阪を目指します。環状線の天神祭最寄りは桜ノ宮駅です。外回りを利用すると、どうしても桜ノ宮に向かう利用者を載せながら移動するため、大阪駅での下車に手間取る可能性がありました。大阪駅到着前に桜ノ宮を通る方が、利用しやすいと考えたのです。

DSCN6596.jpg
天王寺駅に到着してさらに驚きました。遅延の多い阪和線も普段とは様子が異なります。どうやら沿線火災の影響を受けたようで、阪和線でも1時間近い遅れが発生していました。

天王寺~(環状線)~大阪

さらに追い打ちをかけるかのように、今度はJR神戸線で人身事故が発生。ようやく堺筋線が再開して、落ち着きを取り戻そうかとした矢先のことでした。

おまけに桜ノ宮駅では、あまりの利用者の多さにホーム・コンコースが飽和状態となり、列車を通常通りに発着させるのが難しくなりました。こうして環状線でも遅延が発生し、大阪近郊のJR各線はますますカオスと化しました。

どうにか大阪駅まで来てみると、駅ホームには地獄絵図さながらの光景が広がっていました。環状線ホームはもちろんのこと、京都線ホームも人、人、人で埋め尽くされています。

DSCN6597.jpg
姫路方面の列車は尼崎以西での運行をとりやめ、快速列車がイレギュラーな尼崎折り返しになりました。神戸線だけでなく、東西線もこの事故の影響をモロに受けてしまい、大遅延が発生したそうです。

これ以上大阪駅に長居は無用と判断した私は、駅を出てすた丼の夕食後、大人しくバスを待ちながら大阪の夜を過ごすことになりました。

撮影日:2018年7月25日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク