私事ですが、昨年末からPCの不調に悩まされてきました。PCの動作が鈍くなり、突如としてフリーズが頻発するようになったのです。あまりに突然のことで驚きました。今までずっと基本動作の速いPCでしたから、不調の前と後でものすごい落差です。

しびれを切らせてタスクマネージャを開いてみると、なんとディスク使用率が殆ど100パーセントになっているではありませんか。再起動してみるも変わりなく、謎は深まるばかりです。ドライブのエラーチェックをしてみるも、何の問題も検出されず。いったいどうしたというのでしょうか。

PCが壊れかけている・・・どうしよう

さらに数日後、今度はPC起動にも時間がかかるようになりました。おまけに起動時、「ディスクの修復」というおぞましい名前の画面が写り、ここでHDDの寿命を確信しました。

そもそも、現在使っているPCは2014年夏に購入したもので、3年半使用しています。稼働は結構高いほうなので、そろそろ寿命が来てもおかしくなかったのです。色々調べてみると、「コンピュータの管理」なる機能でディスクの状態が詳しくわかるようです。早速確認してみると・・・

おおおお・・・不良ブロック、不良ブロック、不良ブロック・・・

な、なんかオゾマシイ単語がたくさん並んでるんですけど・・・どうやら、HDDに深刻なエラーが起きているようですね。これで間違いなく、HDDが断末魔をあげていることがわかりました。こうなると、HDDを換装するしかなさそうです。

新しいHDDを購入しよう

まずは当該PCのスペックを調べるところから始まります。ノートパソコンなので、2.5インチサイズのHDDを購入するんでしたよね。2014年に購入した比較的最近のPCなので、コネクタはSATA規格です。とりあえずHDDを買うため、家電量販店に向かってみました。

大手家電量販店にも換装用の内蔵HDDがないわけではありませんが、品ぞろえはよくありません。仮にあったとしても、2011年ごろに製造された古いものです。

こうなったら、PCパーツ専門店かネット通販で買い求めるほかありません。幸いなことに、福岡市内に行けば専門店があるので、そこで内蔵HDD(1TB)を購入することができました。

データのバックアップを取る

HDDを買ったことだし、続いてPCデータのバックアップに取っ掛かります。

写真や動画・インストーラーの類は外付けHDDに移し、続いてリカバリディスクの作成へ。購入したPCによっては、あらかじめリカバリーディスクが用意されていることもあるそうですが、手持ちのPCにはそれがありません。現行のHDD内部にリカバリー領域が用意されているので、DVDやブルーレイでそれを焼き写す必要があります。

リカバリーディスクの作成には1時間程度かかりました。PCによっては、複数枚のディスクを用意する必要があるそうですが、今回はブルーレイディスクを1枚用意するだけで済みました。

ちなみにですが、この段階ですでに2018年を迎えていました。どうにかHDDが持ち応えてくれたのです。

いざHDD交換へ!

DSCN5214.jpg
データの退避とリカバリーディスク作成が終わったところで、いよいよHDD換装の開始です。まずはPCを裏返して、ACアダプタ・バッテリーバックを取り外します。

写真上、赤の破線で囲んだ箇所がハードディスクの入っている場所です。ねじを外してふたを開け、これからHDDを取り外します。

DSCN5215.jpg
バッテリーバックを外しました。ここまでは放電作業で何度もやったことがあります。さて、ここからが未知の領域にして、慎重にやらねばならない作業です。ああ、緊張して手が震えてきた・・・

DSCN5216.jpg
写真上、赤い破線で囲んだ2か所のねじを外して、ふたを開けていきます。ふたが意外と固いので、少し力がいるかもしれません。くぼみに指をかけて、ふたをはがすように開けましょう。

DSCN5217.jpg
ふたを開けるとHDDが露出します。右下に黒いテープがついているので、少しはがして左に引っ張ると、HDDが外れます。コネクタを傷つけないように取り外し、新しいHDDと交換しましょう。

DSCN5218.jpg
▲古いHDD(上)を下の新しいHDDと並べて
このPC(LS550)は9.5ミリ厚のHDDを取り付けることが前提となっています。しかし、今回購入したHDDは7ミリ厚でした。本来なら、スペーサーがないと取付は難しい状況でしたが、コード用の針金数個を丸めてクッション代わりにすることで、厚さの問題は解決しました。

新しいHDDにOS・データを入れる

これから新しいHDDにOSをインストールしていきます。購入時、現行のPCにはWindows8.1がインストールされていましたが、しばらくしてWindows10にアップグレードしました。今回、リカバリーディスクを用いてセットアップしたところ、購入時の8.1がインストールされました。

とりあえず、8.1のままでファイルを外付けHDDから呼び戻し、データを換装前の状態に戻すところから始めました。このままWindows8.1を使うことになりそうだと思っていましたが、アップグレード済みのPCであればWindows10に再アップグレードできることがわかりました。

MSのページから再びWindows10をインストールして、ようやくPCをHDD換装前の状態に戻すことができました。動作はHDDの故障前と変わらずスイスイと動きますし、容量自体も以前より100GBも増えました。ひとまずめでたし。

(関連ページ)
『Microsoft公式ページ』「Windows 10 のダウンロード」


なお、今回のHDD換装は必要な知識を習得後、安全を確認したうえで行っています。換装に失敗した場合、データの破損は免れないうえに、メーカー保証を受けることは困難になるでしょう。値は張りますが、プロによる修復が一番安全にして賢明な手段です。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク