今回お届けする御幸森天満宮は大阪市生野区内にある神社です。

この神社の特徴は何といっても、「コリアンタウン」こと御幸通商店街の横にあるということでしょう。鬱蒼とした森に覆われた神苑の横には、まるで釜山かと思うほどの朝鮮色濃い町並みが広がっています。何とも奇妙です。

DSCN1278.jpg
▲御幸森天満宮入口

そんな御幸森天満宮の芳名碑文には、「猪飼野」なる三文字が度々登場します。

この「猪飼野」は神社周辺の本来の地名ですが、住居表示の施行により、行政地名としては現存していません。この地名は古代から存在する、由緒ある地名だったと伝えられています。江戸時代には猪飼野村が置かれていました。しかし今や、近鉄ガード下にある交差点名に、「猪飼野橋」として名をとどめているぐらいです。

つまり同神社は「猪飼野」という地名が存在することを、今に伝える貴重な存在といえます。

DSCN1279.jpg
▲御幸森天満宮の狛犬

DSCN1281.jpg
▲御幸森天満宮の手水舎

DSCN1283.jpg
▲御幸森天満宮の神馬

DSCN1284.jpg
▲御幸森天満宮社務所

DSCN1285.jpg
▲御幸森天満宮社殿

社殿横では取材当時、神輿の掃除が行われていました。これから神輿を用いた神事を行っていくのでしょう。一帯は半ば朝鮮部落と化していますが、そのような中でも、地元有志によって古き「猪飼野」の伝統が引き継がれていくのは喜ばしいことです。

DSCN1286.jpg
▲御幸森天満宮 御幸通商店街側の入口


▲御幸通商店街側入口に立つ狛犬
商店街側の入口は非常に目立つ場所にあります。商店街を散策するついでに、ぜひ神社に立ち寄って「猪飼野」の歴史に触れてみませんか。

撮影日:2016年7月3日



(参考資料)
『猪甘津の橋と猪飼野今昔(The oldest bridge and Ikaino, Osaka)』




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク