佐賀県南部、鹿島市の海岸沿いにある「道の駅鹿島」を訪れました。

国道207号線とJR長崎本線の傍にあり、建物裏手からは有明海の干潟を一望できるという風光明媚な場所に位置しています。また、ここから車で南に10分ほど行くと、南隣の太良町にも道の駅があるなど、207号線界隈は道の駅ファンにはもってこいのドライブルートになっています。物産直売所もたくさんあるので、楽しんでドライブしてくださいね。


▲道の駅鹿島


道の駅鹿島の裏手に出てきました。有明海の干潟が遠くまで伸びており、かの有名な「ガタリンピック」もこのあたりで開かれるようです。もう少しいい天気だったらよかったですが・・・訪問当時の天気は「思い切り」曇り空でした。


▲「鹿島ガタリンピック」の顔出しパネル


2015年の潟開きは4月17日に行われています。残念ながらムツゴロウはいませんでした。

佐賀縣鹿島市吉祥物「kashi丸」
最後に皆様お待ちかね(?)のご当地キャラタイムでございます。鹿島市のマスコットキャラクターは「かし丸」(写真上、右側)といい、立体化版には数年前に「どんたく」で遭遇しました。着ぐるみとイラストとでは、被り物の色が若干異なります。

上の写真中にあるイラストは所謂「基本デザイン」という類です。「被り物系」のデザイン・右手の指差しポーズ・ダッシュポーズといい、典型的な「塩崎キャラ」ですが・・・個人的には嫌いじゃないんですよ。とはいえ、この類のマスコットキャラがこれ以上蔓延するのはごめんです。

加えて、「道の駅鹿島」には「がたにゃん」なるオリジナルキャラクターが存在することが分かりました。写真上、中央下にあるステッカーに描かれたイラストがそれです。

撮影日:2015年4月5日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク