阿蘇山の外輪山に隣接する大分県南西部は、湧水が多く出ることで知られています。また、阿蘇山噴火の影響により雄大な渓谷や滝が形成され、一帯は九州を代表する「水の里」として知られています。

水が多く湧き出るし、水遊びに適した場所が沢山あるということで、夏になると大分県内陸部は多くのレジャー客でにぎわい、日によっては主要道路に渋滞ができるほどです。今回は比較的静かな環境下にあり、静寂を求める方にぜひおすすめしたいスポットとして「沈堕の滝」をお届けします。


▲沈堕の滝 全景
滝見学用の駐車場から離れた場所ですが、県道26号線沿いに滝を一望できる展望台が用意されています。右側に見える石積みの廃墟は水力発電所の跡地です。発電所についてはまた後ほど、説明を加えたいと思います。


▲沈堕発電所跡を遠くから眺めて
屋根が消え、蔦が適度に茂っているのが良い。しかも近くまで行けるとのことなので、早速足を運んでみましょう。県道26号線から脇道に入り、小さな駐車場に車を止めて滝を見物することに。


駐車場から滝へ行くには鳥居をくぐって階段を下り、遊歩道を進んでいきます。沈堕神社の近くには神社「杵築社」もあるのです。参道の一部が遊歩道にもなっているんですよ。


▲「沈堕の滝」の近くにある神社「杵築社」


▲杵築社横の地蔵堂?


沈堕の滝はかつて、水力発電用に供されていました。発電所が設置されたのは20世紀初頭のことで、滝上部に堰が設けられ、そこから滝下部にある発電所に水流を送る形で発電されていました。滝の崩落を防ぐため、水流は本来の滝に流れないようになり、長年枯れ滝になっていましたが、1990年代に滝の修復工事が行われ、本来の滝の役割を取り戻しています。


沈堕発電所跡の近くにまでやって来ました。夏場は雑草が生い茂るので、通路が草まみれです。草いきれがムンムンと漂ってきて苦しくなったので、すぐに引き返してきました。


駐車場前には、沈堕発電所とは別の施設で用いられたものですが、水力発電で使用されていた部品が展示されています。


発電機部品の横には・・・休憩用と思しきソファーが置かれています。雨ざらしになっているのでボロボロですが、果たして座る人はいるのでしょうか。これと同じようなものがバス停の待合小屋に置かれているのをよく目にします。さすがに、私は座る勇気が出ないですね。

撮影日:2015年8月3日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク