「東京ディズニーランド」と「ディズニーシー」―いわゆるディズニーリゾートは、私たち福岡県民にとって、今や高校修学旅行の定番地です。

半日だけ時間をとって、ディズニーランドだけ散策・・・とする学校がある一方で、たくさん時間をとって、ランド・シー両方を散策できるように調整している所もあるなど、散策時間・方法は学校によって様々です。

私が通っていた高校だと、スキー研修が終わったその日にバス移動して、午後をディズニーランド散策の時間に充てていました。

修学旅行の大敵・インフルエンザ

修学旅行は一般旅行のオフシーズンに行われることが多く、インフルエンザ(以下、インフル)の流行期に重なりがちです。旅行中にインフルが蔓延して、せっかくの楽しい旅行が台無しになる・・・なんてことも度々あるようです。

無事に全行程をこなすには、まず自分で体調管理を徹底させねばなりません。巷ではインフルが蔓延っていることを知った私は、なんとなく嫌な予感がしましたので、使い捨てマスクを3つほど持っていきました。

嫌な予感は見事的中し、旅行3日目・・・ちょうどスキー研修が行われている真っ最中に、私とは別のクラスの同級生が3人ほど、インフルに感染してしまいました。

旅行はまだ2日も残っています。いつ自分のクラスにインフル感染者が出てくるか分かりません。これから一層、責任もって体調管理せねばと思い、4日目からできる限りマスクを着用することにしました。

ディズニーランドで知った、仲間の優しさと思いやり

スキー研修先の新潟県からバスで3時間、東京ディズニーランドに到着したのは正午頃のことでした。私はあまり複数で行動しない身だったので、正直言うと、ディズニーランドでだれと散策するか全く考えていませんでした。「ぼっちだけは絶対にあってはならぬ」と、自分の心裏に戦慄が走ります。

IMGP0845.jpg
入場ゲートをくぐり、点呼を終えると間もなく、各々が自由行動を始める時間になります。散り散りになる前に、少し親しくしていたクラスメート数人のグループに、一緒に行動してよいか聞いてみました。この時、「業務連絡」以外で人に依頼したり尋ねたりすることは殆どなく、話しかけようとするだけでも勇気が要りました。

「精一杯の依頼」を聞いた彼らは、私の周りに築かれた壁を崩してくれました。そして、一緒に散策しようぜと、受け入れてくれたのです。心が温まる心地を覚えました。

この後、夜のお台場散策でも、彼らと行動を共にすることになります。


ディズニーランド・シーは、またの名を「魔法の国」「夢の国」といい、その名の通り入場者―つまり「ゲスト」は、ゲートをくぐると魔法にかかります。

魔法にかかると、普段はピシッとしたスーツを着ていようが、堅物であろうが、ダ●フィーをハグしたくなる衝動に駆られたり、ミ●キーを見ると大興奮するのでしょう。ミッ●ーやス●ィッチのカチューシャを付けたくなり、羞恥心は吹き飛んでしまうのでしょう。

私も魔法にかかってみたいと思っていました。しかし、現実はそう甘くはなかったのです。どうだ、ゲートをくぐっても、アトラクションを見ても、なんだよ。普段と同じく冷静なまんまじゃないか!

魔法にかかるには、まず自己暗示をかけないと。俺はミ●キーマ●スの友達だ、2000円の料理なんて安いもんだ・・・と、暗示をかけてみるも効果は一向に出ません。

諦めました。魔法にはかかれませんでしたが、楽しめるだけ楽しんでみることにしましょう。空が青くてきれいだ、一番人気のアトラクションの列はどれ位だ・・・と、何気ないことでも、仲間が一緒にいれば楽しい会話のネタになります。

日常の話題を交えたっていい、気になる女子の話でもいい、魔法にかからなかったからと自分を責めてはいけません。卑屈になってもいけません。何か嫌なことがあっても、すぐに仲間がフォローしてくれましたし、結果としていい思い出になっています。

今では十分に、魔法にかかる自信があります。また行きたいな、TDL。

ディズニーランドでも鉄系の血騒ぐ

IMGP0850.jpg
今回、ディズニーランドで一番見たいものがありました。それが、トゥーンタウンの「ジョリートロリー」です。軌間は914ミリの狭軌。

鉄系な私にとって、路面電車スタイルの「ジョリートロリー」はディズニーランドの中でも数少ない、憧れの対象でした。いつかこの電車を見たいと思っていたので、トゥーンタウンにはぜひとも足を運んでおきたかったのです。

トゥーンタウンに到着後、すぐに目的の「ジョリートロリー」は来ました。ゆっくりとした速度で、おもちゃのような電車が近づいてきます。周囲の目を気にすることなく、忽然と鉄系の血が騒ぎだしました。

それから2か月後の2009年4月、トゥーンタウンの顔として長年愛されてきた「ジョリートロリー」は突如、営業を終えました。高校時代の修学旅行は、「ジョリートロリー」現役の姿を拝める最初で最後の機会になりました。

夜も充実した修学旅行

ここディズニーランドでは、名物のパレードを見ましたし、ちゃんとミ●キーも見ました。しかし、昼食はどこで食べたか覚えていません。他の記憶もかすかにある程度で、長ったらしく話すレベルではありません。

あれから7年もたっているので、記憶は徐々に頭から消えています。少しでも覚えているうちに、ブログにしたためておきましょう。

IMGP0853.jpg
やがて暗くなり、夜になりました。昼のメルヘンなディズニーランドも良いですが、夜のロマンティックな景色も中々のものです。これからお台場に移動して、そこで夕食をとることになりました。

IMGP0862.jpg
先述の通り、お台場では件のクラスメートと同一行動をとりました。夕食も自由行動の中で行うようになっているので、ステーキレストランを探し出し、そこでガッツリ系の夕食と行きました。

その後はとりあえず散策して回り、デッキに出てみたり、お店に入ってみたりと、高校生らしくはしゃぎながら夜を過ごしましょう。こういう時に限って、時間の流れは早いもの、気が付くと集合時間になっていました。

「ヒルトン東京ベイ」で夢の余韻を・・・

IMGP0863.jpg
4日目の宿は、東京ディズニーリゾートにある「ヒルトン東京ベイ」。こちらはオシャレな洋風ホテルで、修学旅行生御用達ともいえる存在です。

IMGP0864.jpg
やっぱり、高校生は自販機にあるジュースの方が好きかな?
私は昔から熱いお茶が好きで、旅館やホテルに泊まると、備え付けの緑茶にお湯を注いでホットしますけれどね。コーヒーが好きなクラスメートもいました。

IMGP0865.jpg
▲ヒルトン東京ベイ 室内
オシャレで機能的なところが良いです。洋室ではありますが、窓だけふすまになっています。この絶妙な和洋折衷感が、ヒルトン東京ベイの高級感を醸し出していると思います。

撮影日:2009年1月21日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク