福岡屈指の激辛麺料理を扱っているというラーメン店「笑盛(えもー)」にやってきました。こちらの店は2店舗ほど存在するそうで、今回はその中でも福岡市中心部に近い天神南店に来ています。地下鉄天神南駅のすぐ近くなので、交通の便は非常に良いです。

お目当ての店があるという、レトロな雑居ビルの地下に入ると、そこには食事処が数店舗ほどありました。他の店も気になりますが、とりあえず「笑盛」を探したところ、意外にもあっさりと見つかりました。


店の前にある券売機を見ると、なんとメニューが沢山あるじゃないですか。辛さもメニューによって異なり、辛さ0の「ふぁータンメン」から、辛さ10の激辛つけ麺まで、とにかく種類が豊富なのです。今回はその中でも、一番人気のメニュー「笑盛タンメン」に戦いを挑んでみます。

店内に入ると、カウンター席のほか、テーブル席もたくさん用意されており、客入りの多い時間帯でも問題なく大人数を収容できると見ました。カウンターの頭上には著名人のサインも並んでおり、つい最近だとホークスの若手キャッチャー・栗原選手も来店していました。


20171206_145833.jpg
ついにお目当ての「笑盛タンメン」がやってきました。味噌ベースのタンメンに、麻婆豆腐餡がかけられています。

その組み合わせは、関東屈指の激辛麺料理店「蒙古タンメン中本」の看板メニュー「蒙古タンメン」を彷彿とさせます。メニューも中本によく似ていますし、その影響を強く受けているのでしょう。中本は首都圏にしかないそうで、もちろん私自身、中本に入店したことはありません。どんな辛さだろうか・・・と、まずは一口、味噌スープを啜ってみました。

うん、かすかに辛さを感じますね。続いて麻婆豆腐を口にしてみると、意外にも強い辛さを感じました。辛い物が苦手な方は避けた方が良いレベルです。かすかな酸味を感じたので、豆板醤が沢山入っているのでしょうかね?


麻婆豆腐餡をかけていない「味噌タンメン」もあるそうで、ピリ辛は大丈夫だけど強い辛さはダメという方は、辛さ0で塩ベースの「ふぁ~タンメン」やピリ辛な「味噌タンメン」を頼むと良いでしょう。辛さが足りないという方には、辛味ペーストを固めた「マグマ玉」が、逆に辛さを抑えたいという方には、バター・粉チーズといったトッピングも用意されています。

さらに、同店には中本でいう「北極ラーメン」に相当する「赤海タンメン」なる超激辛メニューも存在するとのこと。次回の来店時はぜひとも、こちらに挑戦したいと思います。ちょいと不安はありますが・・・

撮影日:2017年12月




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク