今回は伊都キャンパスへの移転が完了した、九州大学旧箱崎キャンパス周辺をめぐります。

敷地外にかつて大学の厚生施設として使われたレトロ建築があって、まもなく解体されると聞いています。取り壊しを前に、一度記録に残しておこうと思い、箱崎エリアにやってきたのです。

20180920_164717.jpg
その前に、まずは軽く腹ごしらえです。

早良区藤崎にある四川料理店「大明火鍋城」が、博多駅と箱崎地区に系列店を出していることを思い出し、早速箱崎の店に行ってみました。博多駅店はしょっちゅう行くので食べ慣れていますが、こちらはどうでしょうか?

20180920_163649.jpg
今回は筆者お気に入りの麻婆豆腐飯を注文しました。前評判では、博多駅の店よりも辛さ控えめなんだそうですが、いやいや・・・辛さ自体はあんまり変わんないですよ。満足できる辛さで、次から次へと飯が進みます。

スープはトマトの味が効いており、唐辛子と花椒で痺れた舌を落ち着かせてくれます。管見の限りだと、中華料理店のスープは薄味が多く、今回久々に本格中華で美味しいスープをいただけました。

肝心の店内はというと、純中華な博多駅店とは打って変わり、ファミレスっぽいです。元々ファミレスだった場所に入ったのかな?

20180920_164656.jpg
さて、腹も膨れたことですし、旧箱崎キャンパスの方に入っていきましょう。文学部が比較的遅くまで残っていたので、私も学生時代は論文や漢文資料を求め、箱崎の文学部図書館を訪れたものです。

あれから数年、ついに箱崎キャンパスはその長い歴史に幕を下ろしました。九州大学入口の看板を箱崎で見るのも、これが最後かもしれません。今思えば、数年前にキャンパス内の学食でカレーを食べといて正解でした。

20180920_165155.jpg
すっかり工事現場に変わった旧キャンパス沿いに路地を進むと、コロニアル様式のレトロ建築が見えてきました。これぞまさしく、近日取り壊される予定の松浜厚生施設です。

1928(昭和3)年に竣工したこの建物は当初、学生食堂として使われていました。最終的には厚生施設に生まれ変わり、生活協同組合が入居していました。

20180920_165130.jpg
次来たときは更地になっている可能性もあるため、念のために側面からもう一枚収めておきます。まだ廃墟になっておらず、建物内では引っ越しの準備が行われているように見えました。建物は老朽化が進んでおり、白い塗装が剥げ堕ちています。

20180920_170055.jpg
松浜厚生施設を後にして、JR箱崎駅方面へと進んでいきます。

やがて、異国情緒あふれるドーム屋根が見えてくると、福岡最大のモスク「福岡マスジド」に到着です。九大の留学生にはイスラム圏出身者も多いため、とくに箱崎キャンパスが現役の頃は、学生の礼拝者も結構いたかもしれませんね。

モスクから歩くこと3分、箱崎駅に着いたところで今回の散策は終了です。

撮影日:2018年9月




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク