秋も紅葉が深まってくると、いよいよ紅葉狩りの季節です。

福岡県添田町にある英彦山は毎年、紅葉を楽しむため多くの登山客でにぎわいを見せています。とくに英彦山登山口や高住神社界隈の混雑ぶりときたら凄まじく、「酷道」500号線の1車線路にマイカーの渋滞が出来上がるほどです。

しかし一方で、訪問者が少ない穴場も英彦山界隈には存在します。今回はそんな穴場の一つとして、ススキが見ごろを迎えている鷹巣原高原の様子をお届けします。

DSCN2292.jpg
鷹巣原高原は県立英彦山青年の家から歩いて10分ほどの場所にあります。ススキ群落の存在を知ってはいても、どこに登山口があるか分からない方が多いのでしょう。高住神社の駐車場が大混雑していたのとは裏腹に、青年の家の駐車場は閑散としていました。

青年の家から通じる登山道を進むと、あっという間に鷹巣原のススキ群落が見えてきます。急な坂や階段があるわけではなく、体力に自信のない方でも十分に安心して登山できますよ。

DSCN2295.jpg
英彦山は鬱蒼とした森林や広葉樹林に覆われた山ですが、ここ鷹巣原には森林ではなくススキ原が広がっています。これほど密に生い茂っているススキなど、平地ではほとんど見ることができません。定期的な刈り払いやセイタカアワダチソウ等の外来種駆除が実施されているのでしょう、じつに見事なススキ群落です。

DSCN2296.jpg
鷹巣原には遊歩道が整備されています。遊歩道を上っていけば、上からススキ群落を見下ろすことができますよ。はるか遠くを見渡せば、筑豊の山々や平野もうっすらと見えます。

DSCN2297.jpg
鷹巣原から森林に少し入ると、やはりこちらも美しいです。苔むした岩と色づいた紅葉、そして木漏れ日が織りなす光景は英彦山秋の風物詩といえましょう。

撮影日:2016年10月13日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク