ご当地キャラ博in彦根からの帰り道、夜の南彦根駅に降り立ちました。毎年、ご当地キャラ博1日目の夜にビバシティ彦根でちょっとしたイベントが催されるのが、一種の恒例となっているのです。

DSCN7117.jpg
南彦根駅の改札前に、無事かえるという置物があります。これを見て何故か、『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』に登場した「元気でカエルケロ!」のポスターを思い出しました(笑)

DSCN7118.jpg
南彦根駅からビバシティまでは歩いて3分と近く、あっという間に目的地到着です。

館内に入って少し歩くと、吹き抜けが見えてきました。どうやらここでイベントが行われているようですね。まずは2階に移動して、1階を俯瞰してみることに。いわゆる下見ってところです。

見下ろしてみると、ジンギスカンのジンくん、アックマ・コアックマ、しんじょう君、ガタゴロウ、そしてホスト役のビバッチェがいました。いずれも当ブログでいう「コラボ組」の代表格ですね。いずれも、ふなっしーとの親和性が高いのが特徴です。

DSCN7119.jpg
会場全体を見渡してみましょう。夜遅い時間帯ですが、多くの来場者が見に来ています。その中には、「ご当地キャラ博」を2日間見るため、現地で一泊するファン層も一定数含まれています。現地泊で暇をもてあましたファン層向けのイベントといっても良いでしょう。

DSCN7120.jpg
ガタゴロウ以外みんな座っています。

DSCN7121.jpg
アックマが立ち上がりました。

DSCN7122.jpg
やがて、別行動をとっていたフランソワーズびわが、しんじょう君とともに準備室へと戻っていきました。これから休憩を経て、ミニゲームの時間にまた戻ってくるのだそうです。

DSCN7123.jpg
しばらくマスコット不在の中、私も吹き抜けで休憩を取ります。Twitterの更新をしながら時間を潰す間、会場にはビバッチェのキャラソンが鳴り響いていました。

DSCN7125.jpg
お、紫の兜。
やがて観客参加ミニゲームの時間になりました。2階から「唐ワンくん」が降りてきます。終始、他のマスコットにはない独特のオーラを放っています。

DSCN7126.jpg
「レルヒさん」や「ササダンゴン」も出そろい、まもなくゲーム開始かと思いきや、まだ「しんじょう君」が到着していません。数分後、少し遅れて「しんじょう君」もやってきました。

DSCN7128.jpg
これから観客参加型のミニゲームが始まります。なんでも、観客とマスコットが協力してゲームを進めるそうで、参加者はいくつかに組分けされました。

ゲームの内容は簡単。参加者は列に並び、先頭から順にカウンターを早押ししていきます。10秒間押し続けたら、カウンターを後ろの参加者に回し、また10秒間早押しします。それを繰り返し、最終的にカウント数の一番多い組が優勝となります。

DSCN7129.jpg
マスコットの後ろ側では、参加景品の準備が進められています。マスコットのスタッフさんがタッグを組んで、みるみるうちに景品が卓上を埋め尽くしました。

DSCN7130.jpg
しんじょう君が少し移動を始めました。一方、ステージの片隅では「龍王さくらちゃん」が動かないままじっとしていますね。

DSCN7131.jpg
唐ワンくんもスタッフに混ざり、景品の準備をしているようです?

DSCN7133.jpg
いつの間にか、しんじょう君がササダンゴンの近くにいました。

DSCN7134.jpg
しんじょう君とササダンゴンの差は縮まって・・・ついに写真上の位置で固定されました。そのまま約10分間、両者引っ付いたまま動くことはありませんでした。

ゲームの結果発表が始まったところで、帰りの電車の時間もありますし、ビバシティ彦根を後にしました。当日、ササダンゴンのスタッフをされていた旅するペンギン様、お世話になりました。

撮影日:2018年10月20日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク