熊本県南東部に位置する人吉市中心部に、今回お届けする青井阿蘇神社はあります。同神社の創健は9世紀初頭とたいへん古く、九州屈指の歴史を誇る神社の一つです。祭神は建磐龍命、阿蘇津媛命、国造速甕玉神の3柱。

DSCN4356.jpg
▲一の鳥居と禊橋、奥には二の鳥居と社殿
一の鳥居は明神タイプです。手前から順に一の鳥居、禊橋、二の鳥居、社殿という配置になっています。

DSCN4357.jpg
禊橋が架かる池には蓮が植えられています。所々で蓮の実が付き始め、人によっては痒みを覚えるという、独特な形の花托があらわになっていました。私もあの形はちょいと苦手です。

DSCN4358.jpg
▲禊橋から二の鳥居を眺めて
二の鳥居は神明タイプの赤鳥居です。その手前には社号標と制札があります。今でこそ社号標の最上部は「国宝」と刻みなおされていますが、元々は旧社格の「県社」と刻まれていたのでしょう。

DSCN4359.jpg
▲禊橋架設碑
写真上の石碑は楔橋の架設を記念するものですが、その上にはなんと狛犬のような石造物が載っています。

DSCN4360.jpg
狛犬は社殿の前にあります。阿形の口に入っている珠を見ると、どうしても飴玉に見えるのですが如何でしょうか。

DSCN4361.jpg
▲祭器庫

DSCN4362.jpg
▲社殿を側面から眺めて
青井阿蘇神社の社殿は400年以上も前に建造されたもので、屋根は茅で葺かれています。2008年に国宝に指定されました。

DSCN4363.jpg
▲土俵

撮影日:2017年8月13日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク