JR九州初の蓄電池電車・819系の運転開始で賑わう若松駅横には、一台の蒸気機関車が保存されています。その名も19633号機といい、大正時代を代表する貨物機・9600形の一員にして、九州の9600形保存機の中でも最若番にあたります。

そんな同機は長らく修復されないまま、潮風に吹かれ続けてきました。そのせいで車体は朽ち果て、一部部品は悲しくも崩れ落ちています。その姿は現存しない、唐津市の69608号機を彷彿とさせます。今回はもはや保存車両とは呼べない、19633の現状について取材しました。

DSCN1916.jpg
▲19633号機全景
2000年代後半期、すでに荒廃は進行していました。あれから6~7年、車体は依然として整備されていません。この様子だと、10年以上も手を加えられていないようです。

DSCN1917.jpg
▲19633号機のボイラ付近を眺めて
塗装の上に雨だれができ、さらに塗装がはがれ落ち、それでも放置が続いた結果、鉄板の風化が進んで穴が開きました。下地を落とせば、きっと穴だらけに違いありません。こんな機関車など、子供たちは絶対に怖がって近づかないでしょう。

DSCN1918.jpg
▲19633号機キャブ周り
キャブへの立ち入りが禁止されて久しい現在、キャブの荒廃も一層と進みました。床板の鉄板は無残にも崩れ落ち、その様はまさに廃墟同然でした。

中でも一番驚いたのは、立派な雑草が生えていたことです。頑丈な鉄板でできた機関車も、荒廃が進めばこのように植木鉢と化してしまいます。

DSCN1919.jpg
▲19633号機テンダーを眺めて
10年近く前からテンダーに存在した大穴は、ますます広がっていました。足元には錆びた部品が鉄粉になって積み重なり、多くの部品が崩落しているようでした。これでは保存ではなくもはや放置です。

保存を始めた当時の志はいったい、どこに行ってしまったのでしょうか。これは北九州市だけでなく、日本各地の保存機を抱える自治体にいえることです。

近年、北九州市は「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の世界遺産登録を契機に、近代の産業遺産を観光資源に活かそうと取り組んでいます。その取り組み自体は、人口減少に苦しむ北九州の産業活性化という点で評価に値しますが、その一方で、十分に産業遺産としての価値ある史料を活用できていない部分もあります。

今回取り上げた19633号機もその一例といえましょう。

撮影日:2016年10月19日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク