現在、台鉄の台東線では電化・複線化工事が行われており、同時にルート変更も各所で行われています。この工事に伴い、月野・・・いや、月美駅(2013年6月27日付)と渓口駅(同年11月14日付)が廃止されました。

$博多っ子 旅に出る
▲晩年の渓口駅(2013年6月)

$博多っ子 旅に出る
▲晩年の渓口駅(前面展望 2013年6月撮影)

個人的には、深い掘割の中にあるということで、台東線の駅の中では一番印象深いところだったと思います。初代駅がスイッチバック式だったことは、以前にもお伝えした通りです。
停車する列車は各駅停車だけということもあり、下車することは一度もかないませんでした。

その他にも、三笠~旧未広・・・いや、三民~旧大禹駅間でもルート変更が行われたとのことで、これで、架線柱の立っていない区間はほぼ全てルート変更されたのではないでしょうか?

電化・複線化された暁には、台東線がまさかナローゲージだったなんて想像することすら難しいほどに、立派な路線へと変貌しているのでしょうね。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク