2010年8月、延岡から日豊本線を利用して大分方面へ北上しました。

同じ九州といえども、非常に遠いうえに移動費用も高いので、福岡在住の筆者にとって宮崎はあまり縁のない土地でした。ゆえに訪れた回数は10回もなく、鉄道での宮崎入りも殆どありません。2000年代中ごろに寝台特急「彗星」のヒルネ利用で宮崎入りしたのはいい思い出です。

延岡駅では宗太郎を越えることになりますが、この区間は18きっぷ利用者泣かせ区間の一つとして有名で、普通列車は殆ど走っていません。何年か前までは、急行型や717系が使われていましたが、今ではキハ220単行が使用されています。峠道を超える475系の勇ましくも上品な、4.21歯車比のMT54型モーターの音を聞いてみたかったです。

713系-4延岡 (2)
延岡駅では列車を待つ間、713系の姿を見ることができました。写真はありませんが、その他にも783系や817系等を見かけました。

713系-4延岡
▲クハ712-4
所謂LK4編成です。2010年ということで、既に「904」から番号が改められた後でした。

SH380328.jpg
キハ220での宗太郎越えを終え、佐伯に到着。列車を待つ間に、南宮崎行きの485系「にちりん」を撮影することができました。


当日は諸事情でカメラを持参することができず、もっぱら携帯カメラで撮影して回りました。たしかに腕の悪さもありますが、今となっては白飛びが残念だと感じています。

SH380329.jpg
「L特急」のマークがまだ残っていました。

この後、815系で大分へ移動した後、811系に乗り換えて別府まで行きました。当時は811系が宇佐以南の、所謂大分地区でも使用されており、遠い大分の地で見慣れた列車を見たときは非常に違和感を感じたものです。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク