2015年も終わりに差し掛かろうとしているこの頃、ふと考えました。
「このブログ、そういや何年前に書き始めたかな」と。

私はこの1年間、肝心なことを忘れていました。なんと、2015年は拙ブログ『ゴトーチたまて箱』設立5周年目だったのです。ブログを継続していることが、私の数少ない自慢できる点だというのに・・・恥ずかしながら、年末になるまで全く把握していませんでした。

本来ならば、設立5周年目ぴったしの8月に特集を組めばよかったですが、あいにく就活で頭がいっぱいになっていました。年末ということで時間に余裕がありますし、過去の厄を払うという意味で、ブログ設立から現在に至るまで、5年間の動向を回顧します。

ただ回顧するだけでなく、ブログを継続して書きたいという貴方にも、何か一つ助言なりできればと思っています。

2010年―キーワードは「西鉄」と「稚拙」

私が初めてブログを書き始めたのは、夏真っ盛りの8月でした。ブログを書こうと思い立ったのはそれよりも少し前の、5月ごろでした。この頃からブログを意識して、youtubeのメッセージ欄にツイートしていたのを思い出します。この頃はyoutubeに活動の拠点を置いていました。

初めて利用したブログサービスは、グー●ルの「Blogger(ブロガー)」で、youtubeのネットワークを維持したまま運営できるだろうという予測を立て、グ●グル系のサービスを利用した次第です。そのため、ブログを造っても、あくまでも活動の中心はyoutube、というのが当時の私のスタンスでした。今となっては信じられませんね!

最初は松山旅行の記事を簡単に紹介し、それを手始めに、鉄道写真を中心に記事を書くようになりました。当時の私は大学1年生でしたので、かなり暇を持て余していました。大学低学年のうちは毎日更新しようと決意し、できる限り毎日記事を書くようにしました。夜遅く帰宅した日も、風邪の日も。

ブログを作りたての頃は、あまり無理して更新しない方が良いと思います。沢山記事を書いたのに、全くコメントも閲覧者もいないとなると、かなり虚しくなりますよね。最初のうちにすべきことは、記事数を増やすことよりも、継続して書くための環境を整えることです。例えば、気になったブログにコメントを付けて、ブロガーと親睦を深めることや、ブログのテンプレートを改造したり等々。とにかく強引な執筆は体に毒です。

私は収益目的でブログを書いていないので、このレベルで良いと思っています。アフィリエイターを目指しておられる方は、参考にされない方が賢明です。

さて、2010年の動向に戻ります。当初「Blogger」を利用していた私ですが、ふと写真をアップロードできなくなるというトラブルに遭遇しました。これをきっかけに、お気に入りのご当地キャラだった「唐ワンくん」が利用している、アメーバブログ(アメブロ)に移ることを決意しました。「Blogger」歴はわずか1か月半で終了したのです。

この時期の私は正直言うと、文章力がなく、何を伝えたいのか正直分からない、じつに意味不明な文章ばかり書いていました。体言止めの連発、起承転結に欠けた解説、自己満足な蘊蓄講釈の垂れ流し。現在の閲覧者に申し訳ないと思い、記事を書き直したほどです。情報欲しさに見る方も多いかもしれませんし、書き直すに越したことはありませんでした。

2010年の活動で一番印象深いのは、学校帰りに西鉄を撮影して記事に書いたことです。とくに2000形が廃車になる年でしたから、10月はほぼ毎日撮影に出かけていました。授業の合間を縫って、無理してでも撮影したのを思い出します。の割には動画の質は低く、心無いROMチューバーに「頭おかしいんじゃねぇの」「お前嫌われすぎだろ」と罵倒されたほどです。嫌われてはないんですけどね。

2011年―キーワードは「ゆるキャラ®」と「憂鬱」

2011年の3月までは、それ以前と同じようなことを書いていました。稚拙さも変わらず、鉄道系の記事が多かったです。

この時期は何よりも、九州新幹線全通を楽しみにしていました。そのために動画機材を購入しましたし、全通関連イベントは一通り把握して、開通したらどこそこに行こうと計画まで練っていました。youtubeでは誰よりも全通を心待ちにしていたんじゃないでしょうか。

それがボロボロと崩れ去ったのは言うまでもない3月。あの尋常ではない津波によって死者行方不明者は数知れず、さらに福島第一原発事故が発生し、福島県双葉郡を中心に、高線量に伴う避難指示が出る有様。自然と人災の恐ろしさに震えるその足を押し、自粛ムード漂う九州新幹線を撮影に向かいました。ところが、その最中に酷い目に遭い(思い出したくないから割愛)、自分が鉄道ファンであることに虚しさとやるせなさを感じました。

帰宅後、気分を変えようとテレビを付けると、ポポポポーン!極めつけに津波で押し崩されていく三陸の街が映し出され、しばらく顔から笑いがきえたまま、数時間が経ちました。そんな中、自粛・何をやっても不謹慎ムード漂うこの世の中に、光をうがたなければ、という意思が私を変えました。

「底辺ブロガーだろうが構わん、俺がやれることはこれたい!」と思った私がしたことは・・・ブログの更新でした。打ちのめされた精神を奮い立たせ、いつも通りまぬけな記事や紀行文を書きました。反響はなくても、自粛・自粛・・・と暗い雰囲気に少しでも穴を開けたかったのです。

結局、私の心から鉄道ファンというアイデンティティを取り戻すことはできませんでした。時間と付き合いながら、徐々に鉄道趣味に対する心を戻していこうという考えに至りました。そこで、2011年3月から6月までの3カ月間、私はレイルファンから少し離れ、ご当地キャラクターを撮影してみることにしました。

アメブロを利用している中で、私は「みかわ丸」というマスコットのブログに出会いました。このブログの著者(今は別の方のようですが)に影響されてか、私は徐々に顔文字を多用するようになりました。紀行文を何度も書くようになり、次第に長文を書けるようになってきました。私のブロガー人生一番目の転換点は、2011年春といっても過言ではありません。

5月に「あそぼーい!」展示会に参加したのを皮切りに、鉄道撮影のリハビリを進めてきました。そしてついに、夏場に運転された臨時485系の撮影を行い、レイルファンに復帰することができました。それでも、3月のトラウマはまだ消えることなく、2012年になっても大人数の中で撮影することに恐怖を感じていました。トラウマにようやく打ち勝つことが出来たのは、およそ2012年中旬からです。

ご当地キャラクターの撮影も順調に行い、8月には「ご当地キャラクターの撮影」のためだけに、近畿地方を旅行しました。こうしてご当地キャラ関連の記事は増し、拙ブログは多ジャンル化の気配を見せ始めます。

2011_blog.jpg
私はご当地キャラクターを長らく、「ゆるキャラ」と呼称してきました。これはいわずもがな、イラストデザイナー・みうらじゅん氏の提唱した概念です。メディアが「ゆるキャラ」というから、私もそう呼んできました。その前はマスコットキャラクターと読んでいました。

「ゆるキャラ(R)まつり」を見るため、はじめて滋賀県彦根を訪れた10月、これまで抱いていた「ゆるキャラ」観が大きく変わりました。それと同時に、多種多様なご当地キャラクターを押しなべて「ゆるキャラ」と呼称することに疑問を呈するようになりました。だってあいつらゆるくないんだもん。

2012年―キーワードは「地域ブログ」と「台湾」

ブログ創設から1年が過ぎ、ブロガーとしての活動に慣れてきました。2012年に入ると、文体は今の形に近づき、ようやく「自分のキャラ」に合わせた文章で執筆できるようになりました。簡単に言うと真面目な文章です。顔文字の使用頻度は減りましたし、当然ながら「w」なんて一度も使ったことがありません。

komasan_2015_12.jpg
2012年第一のキーワードはこちら、「地域ブログ」。というのも、宗像市や福岡市を中心に、史跡や神社を撮影するようになったのが、ちょうどこの時期だったからです。あの頃から今に至るまで、記事のスタイルは変わっていません。神社ごとに個性が見いだせて、執筆していると面白くて止められません。狛犬の顔を見るのも良し、鳥居や灯篭の刻銘を見るのも良し。

話題のゲーム『妖怪ウォッチ』では、「コマさん」なんて癒し系マスコットも登場してますし、とくにお子様には、ゲームを通じて神社をより理解してもらえればと思っています。

2012年2番目のキーワードはドン、「台湾」です。書き出すと長くなるので、出来る限り簡単にまとめます。

私が台湾について考え始めたのは高校時代、2008年ごろのことでした。旅行先として有名な台湾でも、とくに忘れ去られた史跡・遺構・歴史について、自分なりに調べてみたいと思っていました。大学に入り、第二外国語に中国語を選んだのもそのためです。ただ、あれは中国の北京語なので、履修後に独学で覚えなおす必要がありました。

台湾を初めて訪れた感想はずばり、「暑かったです」。さすがは亜熱帯、外気に触れるとたちまち、ジーンズが湿ってくるんです。これには驚きました。とにかく暑くて、常に飲み物を手放すことが出来なかったです。

第二に、意外と言葉が通じません。せっかく覚えた中国語が全く役に立たず、聞き取るなんてことはもはや100パーセント不可能でした。そこで、訪れるたびに反省点を見出し、次は話したり聞き取ったりできるよう心掛けたものです。

2013年―キーワードは「真面目」と「脱アメブロ」

2013年は卒論執筆の年ということで、下半期は月に10回ほどしか更新していません。上半期は夏まで安定した更新を見せ、約半分が台湾情報に関する記事です。

卒論を執筆していると、どうしても学術的文章になってきますので、記事もかなりお堅いものになってしまいがちです。自分ではそれに気が付かず、下半期はどれも論文じみた文章です。

また、同年から「脱アメブロ」を志向するようになってきました。というのも、アメブロの「ペタ」機能やら芸能人囲い込みやらに嫌気がさしてきたから、ただそれだけです。とくに、後述するグ●グルアド●ンスを意識し始めてから、私の中でアメブロは終わりました。

あれは10月だったか。彦根から帰ってきてメールを開けると、グー●ル殿下様様から無慈悲なメールが来ていました。
「貴方のア●センス、死亡ネ」と。こうして、私のアド●ンスは天高く消えていきました。


▲へぇ~、こんな画像を作るツールがあったんだね。作りたかったんだよこれ。古参ユーザーとしてひとこと言わせてほしい。
それだけならまだ良い。同時にyoutubeのパートナー契約も天高く昇っていきました。ちょうどそのころ、「ユーチューバー」とかいうくだらない造語がyoutube中に飛び交い、ほぼすべてのユーザーがパートナーシップを手にできるようになっていましたから、パートナーはyoutubeにおける一種の市民権と化していました。それがある日突然、無くなる。どこが規約違反だったから訂正しろということも伝えられず、突然youtubeの市民権を失ったのです。

規約違反があったのは認めざるを得ませんが、真面目にコンスタントにやってきたのに、あれはひどい。失敗を教訓に、やり直すこともかないません。

これでもう、カスタムサムネイルが使えない・・・そう思い、翌年1月まで3か月間、動画投稿から距離を置いていました。ところがカスタムサムネイルは引き続き使えるようで、活動再開するに至ります。実を言うと、アド●ンス昇天のショックよりも、「カスタムサムネイル消滅の恐怖」の方が強かったんです。

あれだけ動画を投稿していながら、あんな結果になってしまった。動画を投稿してきたことが、あまりにも馬鹿馬鹿しく感じられてきました。それでもyoutubeでの活動を辞めないのは、「youtubeが消えるまで動画を投稿し続けてやる」と固く心に誓っているからです。そんなこと言っても、だれも理解してくれないでしょう。それでもかまいません。

この時から私は、活動の拠点をブログに固定化しました。あんな金と利権まみれのyoutubeに居座っていると、まるでおかしくなりそうです。前向きに考えて、このアボ●ンスをyoutubeから距離を置くいい節目としておきましょう。

2014年―キーワードは「fc2」と「安定」

2014年に入り、ついに私はアメブロに別れを告げ、fc2に移ってきました。実を言うと、fc2も運営に問題があるようで、かなり不安定と聞いていますが、今のところ移転する予定は全くありません。

ブログ移転と同時に、これまで読者と思っていた方の多くが、実は読者ではなかったことに気が付きました。あまり好きな言葉ではありませんが、「現実はこうだ」なんです。その反面、移転後も引き続き、アメブロの方からコメントをいただくこともありました。園方とは現在でも、コメント欄を通じて交流を続けています。ブログサービスが違うというのに、非常にありがたいことです。

fc2ではアメブロのように、くだらない芸能人のゴリ押しがないので、不思議とストレスは感じません。しかし読者を得るのに、アメブロの倍近く時間がかかりました。これまでのように、すべてをオブラートに包んだような文体じゃ、これから先やっていけないだろうと思い始めてきました。

そこで徐々に、言うべきことは言う。結論を明確にする。この2点を大切にしながら、記事を書くように努めてきました。アメブロ時代はころころと方向性が変わっていましたが、現在ではそのようなことはなく、安定したブログ運営ができています。

2015年―キーワードは「毒舌志向」

2015年のキーワードはこれまた大胆ですが、決して間違いではありません。とくにご当地キャラ界隈に対して、毒を吐き散らかしてまいりました。影響力はなくとも、これぐらいはやって良いです。何かに恐れていては、物書きなんて長期間やってられません。お手柔らかな文体で婉曲表現ばかりのブログなんて、あまり見たくないでしょう?

youtubeの悲劇が忘れられず、脱グー●ルに励んだ1年にもなりました。ク●ーム、ア●ス、地図、検索・・・どうしても消せないyoutube以外は一通り、私の身の回りから消し去りました。ストリートビューや画像の時間指定は便利な機能だったので、その他の検索サービスの発展に期待したいところです。

2015年、よくよく思えば記事数、少なかったなぁ。

ブログ創設から5年、山あり谷あり様々な出来事に遭遇しました。沢山のブロガーとも交流しましたが、その半数は更新を止めているか、ブログを消されています。様々な事情で、ブロガーを辞めざるを得なかった方の思いを胸に抱き、ブロガーとして活動を続けたいと思っています。

私のモットー、それは「埋もれた地域の魅力を発掘すること」。これがブロガーを続ける理由です。
(以上、約5800文字)

筆:2015年12月29日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク