今回お届けする厳島神社・蛭子神社宗像市沖に浮かぶ大島にあります。

DSCN0559.jpg
神社大島南東部にある、宮崎集落の小高い丘に鎮座しています。

島中心部から宮崎に通じる道を進むと、やがて宮崎集落に入り、道はすぐに途切れます。道が途切れる直前で、集落奥に入る路地に入って少し進むと、神社入口が見えてきます。路地も中々の狭さですが、神社に入る道も非常に狭く、道の両脇には民家が迫っています。

離島ならではの「密度高い漁村」の雰囲気がここにはあります。

DSCN0560.jpg
神社入口・一の鳥居
民家の庭と半ば一体化した通路を通り、階段を上がって鳥居をくぐります。

DSCN0561.jpg
▲一の鳥居扁額「弁財天」

DSCN0562.jpg
鳥居をくぐると、すぐに石門が待ち構えています。この石門、一見すると鳥居のように見えますが、どうも何かが足りません。じっと目を凝らすと、笠木が無いのに気が付きました。

どうやらこの石門は元々、鳥居だったようですが、肝心の笠木はどこにもありません。笠木は別の場所に片付けられたのでしょう。


狛犬
こちらには一対の狛犬があります。長年、玄界灘の汐風にさらされてきたせいか、角が取れてやや丸くなっています。

境内には狛犬のほか、芳名碑や拝殿改築記念碑など、多くの構造物が立ち並んでいます。規模は小さくとも、なかなか充実した神社といえます。

DSCN0565.jpg
▲拝殿
拝殿に古さはなく、比較的最近になって改築されたものと見ました。窓まわりのシャッターなど、近代的な作りが随所に見られます。

DSCN0566.jpg
▲厳島神社・蛭子神社改築記念碑
碑文を見る限りだと、拝殿は昭和62年に改築されたようです。

DSCN0567.jpg
▲厳島神社・蛭子神社祠
拝殿の奥に木造の本殿ではなく、石造りの祠を建立している様は、宗像市内にある多賀神社(大井)と同じです。

神社のある場所は先述のように小高い丘でして、木々に遮られて見えにくいですが、眼下に宮崎漁港を見下ろせる場所にあります。玄界灘で働く漁師や居民の鎮守として、これからも「宮崎」の歴史とともに歩んでいくことでしょう。

撮影日:2016年3月23日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク