10月29日から30日にかけて、福岡市役所前広場にて「筑後川のめぐみフェスティバル」が催されました。このイベントでは筑後川流域の自治体がブースを出し合い、ご当地グルメや特産品を販売しています。

他にも参加自治体のマスコットキャラクターも10体以上参加するなど、見どころ一杯のイベントなんです。今回はマスコットキャラクターのグリーティングに密着してみました。

DSCN1959.jpg
こういうイベントには正午過ぎに来る私ですが、今回はオープニングから1時間後の11時に到着しました。

DSCN1964.jpg
なるほど、18の自治体がブースを出しているんですか。写真上の赤丸は初日(29日)、マスコットをグリーティングに出した自治体です。もしかすると私が把握していないだけで、オープニング直後だけ出した所もあるかもしれません。

今回参加した自治体のうち、東峰村以外には(何らかの形で)着ぐるみ化されたマスコットが存在します。「福岡にご当地キャラがいない!」と嘆いてからはや5年、今や福岡県もご当地キャラ密集地帯になりました。良くも悪くもですけれどね。

DSCN1956.jpg
今回の第一村人ならぬ第一マスコットは、基山町の「きやまる」でした。相方の「きやまん」抜きの単独グリーティングとは珍しいですね。しかし、どうやら「きやまん」の方が先に帰っていっただけのようです。

DSCN1957.jpg
続いて「卑弥呼ちゃん」(朝倉市)に遭遇。どんたく以外での遭遇は2013年のイオンモール福津以来、およそ3年ぶりです。まだイベントが始まったばかりということもあって、どのマスコットも活発に動き回っています。そしてフレンドリーなんですよ!

DSCN1958.jpg
ほう、熊本県小国町にもいつの間にかマスコットができているとは。畜産が盛んな阿蘇地方らしく、牛のマスコットを採用しています。このマスコットについては、また後ほど詳しく述べることにしましょう。

DSCN1960.jpg
今回のホスト役ともいえる「ちっこりん」(福岡都市圏広域行政事業組合)にも、あっさりと遭遇しました。

それにしても、マスコットの人気ぶりには目を見張るものがあります。なんたって、グリーティングをはじめてから数秒で子供たちに取り囲まれるのですから。これなら「くまモン」なしでも上手くいきますよ。

DSCN1965.jpgDSCN1961.jpg
▲左から、くねんワン、くねんニャン(佐賀県神埼市)
神埼市からは「くねんワン」「くねんニャン」がやって来ました。かなり久しぶりの遭遇です。

以前のような勢いがなくても、佐賀のご当地キャラクターが個性豊かであることには変わりありません。またいつの日にか、唐津の地で勢揃いしますように・・・がんばれ佐賀キャラ!

DSCN1963.jpg
来ました、初見キャラじゃないですか。その名も「みやっきー」といい、佐賀県みやき町のマスコットです。

DSCN1966.jpg
「みやっきー」がグリーティングしていると、横から熊本県小国町の「おぐたん」が近づいてきました。「おぐたん」の方も初見です。

さあ、二体揃ってミニ撮影会が始まりました。大人子供問わず、多くの通行人が集まってきました。マスコットが二体以上集まれば、そこには人だかりができるものです。

DSCN1969.jpg
やがて「おぐたん」は会場めぐりを始めました。ブースに顔を出してお店の方に挨拶をして回ります。

DSCN1970.jpg
ステージ上に目をやると、ちょうど大川市担当者が登壇しています。ということは・・・やっぱりいました、大川市の「モッカくん」です。今回は珍しく、青の法被と白の鉢巻を着用していません。地の姿の「モッカくん」です。

ある時はレスラーに殴られ、ある時は鉢巻を剥がされ、ある時は派手にズッコケて、ある時は椅子取りゲームに惨敗して、テレビCMではバランスボールの上からズッコケるという見事なスタント芸を披露するなど、色々と苦労のたえない「モッカくん」。しっかり応援してやろうと、ステージ上での活躍を一枚収めておきました。

DSC07484.jpg
続いて神崎市の「くねんワン」「くねんニャン」がステージに上がりました。

DSCN1974.jpgDSCN1973.jpg
▲左から、ヒコリン、オリリン(小郡市)
ステージを後にして再度、視点を会場に戻しましょう。小郡市の「ヒコリン」「オリリン」も会場に出てきましたよ。今回は神埼市、小郡市、基山町のように、2体1セットのマスコットが多く登場しています。

DSCN1976.jpg
▲あっぷあっぷ!
狭い海上の通路で2体以上のマスコットに挟まれると、大変なことになりますよ(笑)

DSCN1977.jpg
▲おぐたん(熊本県小国町)
ここで改めて「おぐたん」を収めておきます。

「このマスコット、どこかで見たデザインだ」と思っていたところ、やはり全国区で活躍中のデザイナー氏作でした。氏の代表作はあの「ふっかちゃん」とでも言っておきましょうか。既視感は避けられません。

DSCN1978.jpg
またまたステージに戻ってきました。これから「きやまん」と「きやまる」がステージに上がります。まずは「きやまる」がステージ横にスタンバイ。

DSCN1979.jpg
「きやまん」もステージ横にやって来ました。やっぱり二体揃って一つです。

DSCN1980.jpg
「きやまん」「きやまる」がステージに上がってきました。このステージイベントが終われば、間もなくフィナーレです。最後の最後で「きやまん」を見られてよかった。

DSCN1982.jpg
フィナーレ間際の会場をめぐる「きやまん」「きやまる」の二体に、写真のモデルになってもらいました。佐賀キャラの中では屈指のアクティブ派として、最近では県内外を問わず色々な所に顔を出しているようです。知名度も徐々に上がっているのではないでしょうか。

さて、これで「唐ワンくん」のおケツに火が点いたか・・・どうかは分かりません。フリーダムかつマイペースなので、たぶん意識してすらいないと思います。

DSCN1983.jpg
おや、結局「はね丸」は登場しませんでしたね。てっきり初日に登場するものだと思っていましたが。

DSCN1984.jpg
フィナーレの時間になりました。これで1日目は終了です。空を見上げると、ちょうど太陽が沈もうとしていました。間もなく11月ということで、夜になると肌寒くなってきました。

これにて「筑後川のめぐみフェスティバル」1日目の密着終了です。

2016年10月に出会ったマスコットキャラ一覧

(1)くまモン
(2)ブリカツくん
(3)きっぴー(トッキッキ)
(4)くろちゃん
(5)ちかまる
(6)ベイガ船長
(7)はちゃまる
(8)くるっぱ
(9)おとめちゃん
(10)くま吉
(11)ひごまる
(12)ていたん
(13)ブラックていたん
(14)びわすけ
(15)びわりん
(16)しじみの大ちゃん
(17)しじみの花ちゃん
(18)小梅ちゃん
(19)しめたもん
(20)ちっこりん(NEW!)
(21)卑弥呼ちゃん(NEW!)
(22)くねんワン(NEW!)
(23)くねんニャン(NEW!)
(24)みやっきー(NEW!)
(25)おぐたん(NEW!)
(26)モッカくん(NEW!)
(27)ヒコリン(NEW!)
(28)オリリン(NEW!)
(29)きやまん(NEW!)
(30)きやまる(NEW!)

以前にもお伝えした通り、今年2016年は所用のため、「ご当地キャラ博」への取材が両日とも不可能になりました。そこで「彦根の穴」を埋めるべく、10月は「2016年10月・ご当地キャラ追跡プロジェクト」と銘打って、精力的にご当地キャラに密着取材する月間に位置づけています。

まだまだ時間が許す限り、ご当地キャラを追い続けていきますよ~
もちろん、企業マスコットにも喜んで密着します。

撮影日:2016年10月29日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク