2017年3月、桃園メトロ空港線(桃園機場捷運/桃園空港MRT)が開業を迎えました。桃園国際空港と台北が鉄道で結ばれたことにより、空港へのアクセスが一層よくなりました。それだけでなく、従来鉄道空白地帯だった林口・大園地区の住民にとっては待望の鉄道路線となります。

今回は台北駅から空港線に乗り、鉄道空白地帯から脱した林口を目指して移動します。なお、乗車・訪問時間帯は夜です。

DSCN2920.jpg
桃園メトロ空港線の台北駅は台鉄・台北メトロの同駅よりも若干西側に置かれています。両区域は連絡地下通路によって結ばれており、簡単に乗り換えができます。「桃園機場捷運/Taoyuan Airport MRT」の標識を目印に移動しましょう。

DSCN2921.jpg
やがて大きな吹抜が見えてきます。桃園メトロ台北駅に到着しました。駅入口はガラス張りの巨大な吹抜になっており、地下駅ではありますが、昼間になると光が差し込んで開放感があります。今回のように夜でも、地下駅とは思えないほどの明るさがあります。

20170331200353(1).jpg
改札を抜け、地下深いホームに降りてきました。ホームは2面あり、種別ごとに発着ホームを分離しています。下車予定地の林口には直達が止まらないので、直達には台北駅から長庚病院駅まで乗車します。

20170331200021(1).jpg
直達はロングシートの普通と異なり、固定クロスシートを備えています。乗り心地に差があるとはいえ、両種別に運賃の差はなく、乗車券のみで直達に乗車できます。

なお、直達の停車駅は台北から順に、新北工業団地(新北産業園区)、長庚病院(長庚医院)、空港第1ターミナル(機場第一航厦)、空港第2ターミナル(機場第二航厦)となっています。随分と停車駅が少ないですね。直達が速い分、普通は(空港第2ターミナルまで)12駅を40分かけて一つ一つ止まっていきます。

空港線では緩急接続も行っており、長庚病院駅で直達から普通に、または普通から直達に乗り換えることができます。今回は同駅で直達から普通に乗り換える予定です。

DSCN2926.jpg
直達種別には紫帯の2000形が使用されています。この車両には荷物車が1両連結されており、台北駅でチェックイン(一部航空会社のみ)した搭乗客の預け荷物を搭載する役割を担っています。そのため、普通用の1000形よりも1両多い5両編成となっています。

そんな2000形には他にも、空港利用者のための設備が搭載されています。それが、キャリーバッグ等の大型荷物を置ける棚の存在です(写真上)。荷物が棚から落ちないよう、固定するためのベルトもちゃんとあります。さらに航空便の発着状況を示す液晶パネルもあるというのですから、至れり尽くせりです。

DSCN2923.jpg
2000形の座席は先述のように固定クロスシートです。構造は一昔前の「成田エクスプレス」と同じ集団見合い式で、座面の素材はFRP製ロングシートの1000形と異なり、クッション敷きになっています。

DSCN2924.jpg
座席背面には折り畳み式のテーブルが設置されています。桃園メトロでは他のMRT路線と同様に、駅構内・車内での飲食を禁止しています。こういったテーブルには飲食物を置くことが多いですけれども、飲食禁止となると置く物が無くなりますね。果たして、このテーブルに使い道は出てくるのでしょうか。

DSCN2925.jpg
▲桃園メトロ2000形の折り畳み式テーブル使用例

DSCN2928.jpg
今回台北駅から乗車したのは、2107編成でした。2000形には環北方面から順に、2100・2200・2300・2400と番号が振られています。1000形の場合は千の位を2から1に変えただけで、基本的には2000形と同じです。

DSCN2929.jpg
途中の長庚病院駅で1000形普通に乗り換え、目的地の林口駅に到着しました。天井には古代生物を模した置物が吊り下げられています。すぐ横を高速道路(国道1号)が通っているため、夜でも非常に騒がしいです。

DSCN2930.jpg
そんな林口駅構内では近々、複合商業施設「グローバルモール」が開業するようです。

DSCN2931.jpg
▲桃園メトロ林口駅改札口

DSCN2932.jpg
林口駅は相対式ホームになっており、跨線橋が2つのホームを結んでいます。そのお陰で跨線橋の真上から電車を見ることができ、今ではちょっとした撮影スポットと化しています。

20170331205422(1).jpg
▲林口駅を通過する2000形直達台北行き

20170331205606(1).jpg
▲林口駅に停車する1000形普通環北行き
林口駅の配線構造は、一部新幹線駅の構造によく似ています。というのも同駅は待避線を有しており、本線は専ら通過用でホームが待避線にのみ設置されているからです。

20170331210747(1).jpg
列車のすれ違いが見られるのも、林口駅を名撮影地たらしめる一要素といえましょう。数十分に一度、駅東側で台北行き普通と空港第2ターミナル行き直達のすれ違いが見られるのです。

20170331211046(1).jpg
1時間近く駅に滞在してから、行きと同じように普通、直達と乗り継ぎながら台北駅に戻りました。今回は夜の真っ暗な中、林口駅での撮影を行いましたが、次回はぜひとも昼間の収録にも挑戦したいところです。

撮影日:2017年3月31日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク