2017年4月、台北から乗車してきた夜行列車から早朝の台東駅へと降り立ちました。時刻は5時半。まだ4月とは言え台東の空は既に明るく、昨日から降り続ける雨で地面は濡れています。

そんな台東駅では改装工事が行われており、駅全体が工事現場と化していました。

DSCN2955.jpg
▲工事中の台東駅
駅舎の正面玄関は工事のため閉鎖されています。暫くの間、駅待合室へは側面から入ることになります。

DSCN2944.jpg
駅ホームでは台北から乗ってきた莒光号616次が、長旅を終えてつかの間の休息をとっています。

DSCN2946.jpg
▲自転車搭載スペースのあるSP32770
616次には基本的に自動扉の10200系客車が使用されています。この系列ではステンレス製の軽量車体を採用しており、屋根上の冷房装置が一番の目印となっています。ところが2両だけ、本来ならば手動扉の32850系客車が連結されています。

その32850系というのが自転車搭載スペースを備えた改造車両で、他の車両にあわせて自動扉に改造されています。今回、616次にはSP32770・SP32772が連結されていました。

DSCN2948.jpg
▲自転車搭載スペースのあるSP32772

DSCN2949.jpg
駅ホームに置かれているベンチに目をやると、側面の形状があたかも人の顔に思えて吹き出しそうになりました。

DSCN2947.jpg
台東駅ホームでも大規模な改装工事が行われており、装飾品がホーム中央部に集めておかれていました。工事が終わればモダンなホームへと生まれ変わるのでしょう。

DSCN3014.jpg
台東駅の山側には広い留置線があります。機関車が集まる花蓮機関区台東分所とは対照的に、こちらには主に電車・休車が留置されています。

DSCN2951.jpg
休車は一つの線路にまとめて留置されています。その中には1990年に製造されたDR2510形の姿もありました。2両のみの製造にとどまった希少な存在です。

DSCN2954.jpg
DR2510形の奥には2014年7月に定期運用を離脱した、DR2700形が留置されています。DR2510形の背後には1両だけ、DR2700形の中間付随車DR2750形が連結されていますが、ガラス窓はなく状態は悪いです。

DSCN3011.jpg
▲DR2510形の側面を眺めて
JR九州のキハ200系とは同世代にあたりますが、こちらの方がはるかに古いデザインのため、一見すると1970~80年代製造と錯覚してしまいます。

DSCN3015.jpg
▲DR2510形乗降口付近
乗降扉のすぐ横には謎の物体が掲示されていますが何でしょう。

DSCN3017.jpg
DR2510形の八堵側前頭部にはトイレが設置されており、該当箇所の妻面には運転台側にしか窓がありません。その様子はあたかも阪伊間を疾走した近鉄2200系を彷彿とさせます。

DSCN3016.jpg
▲1両だけ現存するDR2700形の中間車DR2750形(DR2752)

DSCN2953.jpg
一方、旅客列車が発着するホームに目をやると、いつの間にかTEMU1000形「タロコ」とDR2900形自強号が停車していました。TEMU1000の方はハローキティラッピング車で、つまるところ2016年に導入された一番新しい編成です。

DSCN3012.jpg
▲台東駅で出発を待つDR2900形自強号
南廻線の電化区間は現在、台東~知本までの短区間にとどまっていますが、近い将来に全線での電化工事が予定されています。同路線を行くDC自強号を堪能するのであれば、今のうちかもしれません。

DSCN3013.jpg
▲台東駅に止まる郵便荷物車MBK80015

DSCN3019.jpg
▲台東駅に停車するEMU500形

DSCN3020.jpg
▲EMU500形の行先表示器は「台東」を指している
台東線のローカル輸送は現在、EMU500形が担っています。電化前と同様本数は非常に少なく、朝・夕方ラッシュ時を中心に区間車のダイヤが引かれています。

撮影日:2017年4月1日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク