いよいよ2017年最後の日がやってきました。福岡ではちょうどこの日、北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が最後の営業日を迎えています。約30年近い歴史の中で、多くの人々に喜びを与えてきました。

一つの時代が幕を閉じようとしている今日、「2017年のまとめ」最終章に入っていきます。何だか重苦しい幕開けのしかたになりましたが、10月~12月はご当地キャラ系のイベントが多い時期なので、やや面白めに書いていけたらと思います。

10月

10月はご当地キャラ系のイベントが多い月です。入って早々、熊本で催される「熊本キャラフェス2nd 2017」を取材しました。ステージイベントがメインらしく、唐津市から来た「唐ワンくん」は、「必殺シリーズ」を模したパフォーマンスで観客を笑わせました。

そういえば、梨一族にはふにゃっしーというのもいるんですね。この時初めて知りました。


10月半ばには西鉄8000形のラストランが行われました。これをもって西鉄電車から特急型は消滅し、3000形が事実上の特急車両となりました。2扉とはこれでおさらばです。

西鉄では今後、観光に特化した電車が登場するそうですが、個人的には過剰な期待は抑えています。まあ、どうなるんでしょうね・・・としか言いようがありません。JRがあの有様なので、西鉄には頑張ってほしいとは思いますけど。


10月下旬には毎年恒例の「ご当地キャラ博in彦根」が催されました。私も2年ぶりに行ってみようと思いましたが、なんと2日目が台風で中止になってしまいました。あいにく私は2日目だけ行く予定でした。ビバシティ側が代替イベントを開いてくれるとのことで、それに賭けて彦根入りしましたが、行って正解でした。

人も夢京橋キャッスルほど多くなく、観客とマスコットの距離も近いんですよね。観客といっても追っかけの方が多いので、どちらかというとマニアックなイベントの部類に入ります。そういうイベントは2011年の肥前夢街道以来なので、取材目的とはいえ久しぶりに楽しませてもらいました。


詳細は差し控えますが、ちょうどこの時期、ブロガーとの交流面で残念な思いをしました。いったい、何が不満だったんでしょうね。全くもって意味不明です。今後、当事者との関係修復や交流再開はないでしょう。ただただ残念としか言いようがありません。

まあ、私は今後とも宿がある旅をさせていただきますので・・・そこんとこよろしくお願いします。

11月


11月はとくに出かけたわけでもなく、ブログの更新頻度も少なめです。過去のネタを引っ張ったり、宮若市のネタを扱ってみたりしていました。

一方、10月末からプロ野球日本シリーズが行われ、CSを勝ち進んだパ・リーグのホークスと、セ・リーグの横浜が日本一の座をかけて対戦しました。ホークスが3連勝したかと思えば、続いて横浜が2連勝して、勝負は6戦目にまでもつれこみました。6戦目もマッチがホームランを打ったのを最後に、ホークスはなかなかヒットを出せず、ついに横浜が逆転して、流れは横浜に移っていました。

9回裏、あと数アウトで横浜が3勝目をつかみ取るというところで、ついに内川キャプテンが同点のホームランを放ちました。あのときは緊張と不安のあまり、テレビの前で心臓が爆発しそうになっていましたが、キャプテンの希望をつなぐ同点打に叫びました、ガチで。その後の伝説に残る「サファテの魂の3イニング」や、その後の決勝タイムリーも感激ものでした。

12月

いわゆる今月です。12月は宗像市内でYouTube向けの動画を撮影してきましたが、それ以外の外出というのが少なかったので、あまり書くことがありません。しいて挙げると、筑後船小屋に「はね丸」と「唐ワンくん」を見に行ってきたことがあります。

12月初頭には日本一を勝ち取ったホークスの優勝パレードがありました。数か月ぶりに選手を見ることができて良かったです。

総括

こうして例年通り、2017年も無事にブログ更新を終えることができました。沢山の応援コメントがあるからこそ、今日まで頑張って来れました。ここ最近、ちょっとお堅い文章が多くなっていましたから、2018年は肩の力を抜いて記事を執筆できればと思っております。

さてと、年越しの瞬間はどこで迎えようかな・・・終夜臨で夜行気分を味わうもよし、家でガキ使を見るも良しですね。それでは皆さん、良い年をお迎えください。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク