朝8時発のDC自強号に乗り、宜蘭県の温泉郷・礁渓から台北まで移動しました。天気はあいにくの曇りでしたが、海側の座席に腰掛け、太平洋沿いの景色を楽しむことができました。
海沿いの様子は動画でご覧ください。

(動画) 「台湾鉄路管理局 DC自強号で行く宜蘭線の旅」
http://www.youtube.com/watch?v=ZhVkTauyNBQ


▲自強号樹林行きが到着
車両はおなじみDR2900形、先頭は3000番台



▲DR2900形客室内と特徴的な排気筒カバー


雨は礁渓駅前を歩いている際にごく少量降ってきただけで、当日の飛行機で台湾を出るまでの間、本降りの雨に遭遇することは一度もありませんでした。6月というと雨が降りやすうえに暑い季節なので、曇りはまだまだ良い方だと思います。


▲曇り空の貢寮

撮影日:2013年6月
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. すごく
個性的な車内ですね。

これでも居住性とか計算されていて快適なんでしょうね…。
焼きそば #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年07月18日(木) 23:19
2. 焼きそばさん
シートピッチも広く、さすがは特急型だなと思います。快速クラスの復興号も料金の割には快適でした。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年07月19日(金) 16:25
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):