台湾一周時、恥ずかしながら殆どの食事をコンビニや駅弁で済ませていました。台湾には魯肉飯や肉円など数々の美味しいグルメがありますが、これらに全く舌鼓を打っていなかったことを滞在時間残り数時間になって思い出しました。

台北駅ホームに降り立ち、どこで滞在最後の食事をとろうかと悩んでいたところ、ふと永康街の三文字が頭をよぎりました。
永康街といえば、世界的にも有名な上海点心の店「鼎泰豊」本店やマンゴーかき氷の店があったりと、観光客の間で有名な地域でパックツアーにも度々組み込まれています。そこに行けば何かあるだろうと思い、台北MRTに乗り込んで永康街最寄りの東門駅を目指しました。


台北市永康街入口と台北101
目的地の永康街付近へとやってきました。奥に台北101が見える風景もお馴染みになりました。

$博多っ子 旅に出る
永康街に入ると日本人向けの食事どころが数多くありますが、今回は以前訪れた際に気になっていた「豪木記美食専売店」で昼食をとることにします。
魯肉飯(小:25元)、魚丸湯(30元)、肉円(40元)を頂きました。

豪木記美食専売店魯肉飯 豪木記美食専売店魚丸湯
▲(左)魯肉飯(小) (右)魚丸湯
豚皮を豊富に使った魯肉飯は八角が効いておらず、日本人好みの味付けです。

豪木記美食専売店肉圓バーワン
▲肉円(バーワン)
甘いタレがかかっており、中には豚肉や筍等が入っています。


台北50嵐 50嵐タピオカミルクティー
腹ごしらえを済ませ、続いてはデザートの時間です。「イガラシ」こと50嵐でタピオカミルクティーを頂くことにしました。

$博多っ子 旅に出る
永康街に別れを告げ、一旦台北駅に戻ったのち、桃園空港へ向かうバスに乗り換えます。たらふく食べたばかりにもかかわらず、バス乗り場のジューススタンドで再度タピオカミルクティーを購入してしまいました。
いつまでたっても開業しない桃園空港MRTの路盤を横目に見ながら、空港までの数十分を過ごします。

桃園空港MRTの高架橋
▲桃園空港MRT(桃園機場捷運)
全線開業後は空港連絡鉄道のみならず、鉄道空白地帯だった林口区一帯と台北市中心部を結ぶ通勤路線としての役割をも担うことになるでしょう。

2013年6月訪問
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
鼎泰豐、確か日本にも進出しましたね?
各地にあるチェーン店でも、やはり本場で食べるのが一際美味しいのでしょうね。



元も使えるのですね!
台湾では、ニュー台湾$しか使えないと思っていました…


空港アクセスのLRT(新交通システム?)は、まだ部分的にしか開業していないのでしょうか?
見た目分かりませんが、台北でも郊外に住宅地が開発されて、台湾らしい光景が見られなくなっていくのかと感じてしまいます…
レラティー #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年07月23日(火) 19:53
2. やはり
台湾の料理、美味そうですね。

肉円、バーワンと読むんですね。豚肉・筍と来たら、美味くない訳がない感じがします♪
焼きそば #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年07月23日(火) 22:20
3. レラティーさん
たしか、鼎泰豊は博多駅にもあったような気がします。
次に貨幣単位についてですが、NTDは現地では「元」と記されることが多く(もちろんドル表記もあります)、当ブログでも通常「元」と表記しております。ここでいう「元」とは中国人民元のことではありません。
空港MRTは本来であれば昨年末に部分開業する予定でしたが、まだ未開業です。全通の日が待ち遠しいですが・・・
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年07月26日(金) 00:02
4. 焼きそばさん
このような台湾料理店が身近な場所で気軽に食べられたらいいんですけれどね。韓国料理店は山ほどありますが・・・
個人的には魯肉飯が一番おすすめです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年07月26日(金) 00:05
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):