2013年10月、近畿地方の方へ出る機会ができたので、夜行航路を利用して移動することにしました。新幹線の半分ほどの運賃で移動することができるうえに、ホテル代を浮かせることもできるので、時間に余裕がある際は、フェリーをしばしば利用しています。今回は利用したことのない、阪九フェリー泉大津~新門司間で運航している「つくし」に乗船しました。

 阪九フェリーには、神戸~新門司便と泉大津~新門司便の二航路があり、福岡に帰る際は前者を利用しました。泉大津発着便は出発が早く、到着も早朝6時と非常に早いのが特徴です。

$博多っ子 旅に出る
▲阪九フェリー新門司港第二ターミナル
阪九フェリーは名門大洋フェリーと同じく、小倉駅からフェリーターミナルまで西鉄による無料送迎バスが出ています。バス乗り場は駅北口(新幹線改札口側)のロータリーにあります。

送迎バスに揺られること約30分だったでしょうか、泉大津行きのフェリーターミナル(第2ターミナル)に到着しました。阪九フェリーの新門司港フェリーターミナルといえば、宮殿風の建物というイメージが強いですが、それは神戸行きのターミナル(第1ターミナル)です。第2ターミナルは第1ターミナルの右側にあり、船をイメージしたつくりとなっています。

$博多っ子 旅に出る
▲新門司~泉大津を結ぶ「フェリーつくし」
同航路では「つくし」と「やまと」が使用されています。向かって左側では、新門司~神戸航路の「すおう」が出航の時を待っていました。

DSCN1189.jpg
▲第1ターミナルと「すおう」

第二ターミナルに入り案内板を見ていると、中文表記が「例の」簡体字ではなく、すべて繁体字になっているのが見え、心の中で大喜び・・・したのもつかの間で、よく見てみると、繁体字と簡体字がごっちゃになっていました。
そういえば台湾でも、簡体字と新字体・繁体字がごっちゃになった日本語表記を見たことがあります。

DSCN1192.jpg
▲第2ターミナル見取り図

DSCN1193.jpg
▲第2ターミナル内部

$博多っ子 旅に出る
▲客室3層目からの風景
受付を済ませ、エレベータで乗船口に上がり、フェリー内部に入ります。客室は三層構造となっており、二等室は一層目、レストランは二層目、浴場は最上部にあります。

客室内部の様子をチェックしてから浴場で汗を流し、レストランに向かいます。レストラン横のプロムナードで出航風景を眺めてから、約一年ぶりのフェリー内での夕食をとります。

5restaurant.jpg
レストランでは、ちょうど北海道フェアが行われていました。
海鮮丼1480円、鮭いくら丼890円、ちゃんちゃん焼き850円。

DSCN1203.jpg
▲「フェリーつくし」レストランメニュー表

DSCN1201.jpgDSCN1200.jpg
▲「フェリーつくし」レストラン入口

DSCN1195.jpg
レストランに入ったら、カウンターに置かれた惣菜をお盆に取っていきましょう。

$博多っ子 旅に出る
▲白飯150円、チキン南蛮450円、すき煮350円、合計950円
空腹なので、やけに肉っけの強いものばかりを選びました。

$博多っ子 旅に出る
▲客室二層目からの風景
もう何もすることが無いうえ、雨が降っているので外に出ると濡れるので、船内ライブを眺めてから客室で横になって、翌朝まで過ごすことにしました。

4light.jpg
▲間接照明に見とれる



$博多っ子 旅に出る
▲ハムチーズパン(150円)
翌朝は5時ごろに目が覚めました。朝食はレストランに行かず、エントランスで販売される焼き立てパンをいただきます。

朝食後、朝風呂を浴びてから下船の準備を済ませ、再度エントランスで下船が始まるまでしばし待つことにしました。定刻通りであれば、到着は先述のとおり6時です。

泉大津到着後は送迎バスで南海泉大津駅へ移動することができます。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
懐かしい。

泉大津から新門司って以前は良く使いましたね~。

埼玉から車で泉大津まで約8時間車を乗せて
レストランは高いので近くで食事をしてから乗りましたね~。

フェリーって乗らなくなりました。

たまには乗りたいですね。

懐かしく拝見しました。
ちょうさん #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年10月25日(金) 21:27
2. 無題
新門司は、門司の裏側、縁遠い印象があります‥
路線バスしかないと思ったら、西鉄バス北九州(?)の送迎バスもあるのですね!


中国語も記載するとは、それだけ中国人の利用者も多いのでしょうか?
現地でも、「台灣」など簡体字と繁體字が混じることがありますね?


フェリーは、長距離のは学生時に新潟→小樽で使っただけです。
短距離のは、稚内→利尻島→礼文島→稚内と今年使いました。
時間があれば、また使いたいのですが…苫小牧のは使いたいです。
レラティー #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年10月25日(金) 21:34
3. 無題
フェリーって怖くないですか?わたしはアレ、『タイタニック』を見て以来、なんか乗るのが怖いんです。飛行機は全然いいんですけどね。
たまり #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年10月26日(土) 08:26
4. ちょうさんさん
就職してからは利用することも少なくなると思うので、今のうちに船旅を楽しんでおきたいものです。
既に存在しない航路の中では、台湾まで行く有村フェリーや九越フェリーなんかに乗ってみたかったです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年10月28日(月) 22:42
5. レラティーさん
福岡はあらゆる所に簡体字・ハングルがあふれており、絶対に利用者いないだろという場所にもハングルがあります。
送迎バスはとても助かる存在です。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年10月28日(月) 22:43
6. たまりさん
個人的には、飛行機の方が怖いですけれどね。乗り物に対するイメージは人によってそれぞれというところでしょうか?
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年10月28日(月) 22:44
7. はじめまして~
読みやすくて何度も来ちゃいます(*^_^*)また遊びに来ますね☆寒い季節になりますので、風邪など引かれないように気をつけてくださいね♪
ヒロ #79D/WHSg [ 編集 ]    2013年10月30日(水) 03:37
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):