台湾滞在二日目、1月12日の朝は清々しい大稲テイ(1)から始めることにします。

朝食をとり、七時半になる少し前にホテルを出ました。というのも、台鉄の樹林~基隆間において、基隆港で「ラバーダック」が展示されているのに合わせ、臨時列車が運行されており、それに乗車するためです。

その臨時列車が何を隠そう、台湾最古の電車EMU100形「英国婆」(2)を利用したもので、こちらでも台湾の方でも、レイルファンの注目を集めています。


夜になると夜市として賑わう寧夏路も、朝は非常に静かです。
中文版wikipediaからの引用ですが、寧夏路は1946(昭和21)年から1947(昭和22)年にかけて、蘭州街とともに大同路と呼ばれていました。

ヒゲ張
魯肉飯を取り扱う「ひげ張」は日本にも数店舗あるので、ご存知の方もきっと多いのではないでしょうか。

蓬莱国民学校
寧夏路沿いには蓬莱小(3)もあります。この小学校は日本統治時代の蓬莱国民学校で、このように、日本統治時代の旧町名が学校名として残されているケースがあります。

同じ旧町名でも、蓬莱や日新のように、清統治時代から用いられている場合は戦後になっても地名排除の対象とならなかったことが多く、明石や福住のように、日本色の強い地名は排除の対象とみなされました(中文版wikipediaより)。ただし、大正町のように通称名として残る場合や、老松のように学校名として残ったケースがあることを忘れてはいけません。

マル公園
寧夏路・重慶北路(4)・南京西路(5)・天水路が交わる「マル公園」に到着しました。現地の方では、「円環」(ロータリーの中文訳)と呼ばれています。
ロータリー内部には屋台街が入っています。

プユマ台北駅
結局、台北駅まで歩いて来てしまいました。時計を見ると、どんなに早い電車で行っても5166次(EMU100型使用列車・非対号自強)の樹林駅出発に間に合わないことが分かり、渋々、板橋駅で列車を降りるという行程に変えました。

徒歩で町中を移動したくなるという「クセ」が、ここ数年でいつの間にか付いてしまいましたが、またもや裏目に出てしまいました。この「クセ」は、時と場合に応じて変える必要があるなと痛感します。

台北駅ホームで列車を待っていると、TEMU2000形の試運転列車が停車していました(写真上)

EMU100板橋
板橋駅に到着しました。台湾の鉄道では、改札口が入退場別に設けられていることが多く、改札を出て、再度改札口に入るまで若干時間のかかることがあります。

再度改札口を通り、ホームに出て待つこと数分、目的のEMU100形非対号(6)自強・基隆行きが到着しました。485系に共通するオンボロ加減に感動しつつ、手動扉をくぐり、車内へと入ることにしました。


(註)

(1)「テイ」は「土偏に呈」。

(2)イギリスで製造されたことに由来する。

(3)正式には蓬莱国民小学。当ブログでは、日本統治時代当時の名称は1945年8月時点のものを基準として取り扱う。また、「●●国民小学」は「●●小」、「●●国民中学」は「●●中」、「●●高級中学」は「●●高」と表記することにしたい。例外がある場合はその都度補足を付ける。

(4)1946~47年当時の日新街である(中文版wikipediaより)。

(5)日本統治時代当時の紅葉橋通り、1946~47年当時の六館街(環河北路~塔城街交点)・稲新街(搭城街~延平北路交点)・徳勝街(延平北路~重慶北路交点)・下奎府街(重慶北路~中山北路交点)である。交点路名は2014年現在の名称を用いた(中文版wikipediaより)。

(6)対号列車とは優等列車のことではなく、座席指定制の列車を指す名称である。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
寄り道して見えてくるものもありますから、私は、計画が狂うと立て直すのは大変でその時は大変でも、後で思うと、「それで良かった」という場合が多いです。

(台湾新幹線の乗務員研修に、九州新幹線に来ているとは、驚きました。)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/515655.html
レラティー #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年01月16日(木) 20:35
2. 無題
歩いて散策も、時間の制約があると厳しいですね…。

旅先で列車に乗るのも歩くのも楽しいだけに、悩むとこですね。

オンボロ加減に感動するって、どんな車両なんだろ(^^;
焼きそば #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年01月16日(木) 21:17
3. レラティーさん
今回はあらかじめ切符を買っておいたので、東海岸を移動する際は計画通りに動くことができました。
旅をするときは前向きでやっていくのが一番ですよね。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年01月16日(木) 22:29
4. 焼きそばさん
EMU100型は所謂「つりかけ駆動」の特急電車で、高速で走る際は物凄く唸りますよ!
一生乗れずじまいで終わるのかと思っていましたが、乗車が叶い良かったです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年01月16日(木) 22:30
5. 歩き回るのもいいもの♪
こんにちは。

私も欧州のあちこちを訪れる際、地下鉄や路面電車など充実しているような都市でも、地上を歩くことが多いです。
健康のためにもベターですし、路面電車などは系統が複雑で、かなり慣れていてもややこしく使いづらいこと多いので、歩くことがベターなことも多いです。
Cisalpino #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年01月26日(日) 21:12
6. Cisalpinoさん
どこでもそうですが、基本的に歩くことを大切にしているので、帰宅してから改めて、「歩いたことも」いい思い出になったなと感じることが度々あります。
調子に乗らない程度に、町歩きを楽しみたいと思います。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年01月27日(月) 22:47
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):