1月13日朝7時、筆者は桃園空港にいました。朝8時に離陸するエバー航空の便に乗り、福岡に戻ります。


まだ朝食を食べていません。どうせ、飛行機に乗ると機内食が付いてきますが、最後に空港で食べておきたいなと思い、制限区域内にあるフードコートで魯肉飯をいただきました。
空港なのでもちろん高値がつくものの、空港の魯肉飯はどんな味だろう・・・と思い、食べてみることにしました。スープ・サラダ・冬瓜ジュース付きの定食スタイルで、美味しくいただきました。


出発ロビー内に原住民(高砂族)関連のブースがありました。


今回登場する飛行機がやってきました。福岡便ではお馴染み「キティジェット」です。


飛行機に乗り込み、福岡に戻ります。滞在中は殆ど曇り・雨だったので、機内で久しぶりに晴れ空を見ました。


機内食が到着しました。
メインは焼きうどん、デザートはヨーグルトです。


どうやら「下界」は曇りのようで、筆者を乗せた飛行機はぶ厚い雲の上を通っていきます。


一面真っ白な世界をみると眩しくなるものですが、南極やグリーンランドも上から見ると、こんな感じなのでしょうか?


あっという間に福岡到着です。
飛行機を降りた瞬間、台北よりもはるかに冷たい空気に、思わず身震いしてしまいました!

撮影日:2014年1月14日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題

魯肉飯(日本語読みだと、ろにくめし?)とは、写真を見る限り、混ぜご飯と、それらおかずのセットと思いましたが、それで認識は正しいでしょうか?

空港内の店が高いのは、万国共通なようですね。
しかし、手続後なら免税ではないでしょうか?


台灣先住民のコーナー、多民族を認める意識が感じられますね!
こちらでは、やっと札幌駅にアイヌ像が設置されました。
高砂族だけでしょうか?
レラティー #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年02月11日(火) 09:10
2. キティジェットだけに
機内食の焼きうどんの人参が、リボンの形なんですね。


子供用なら、玩具がおまけについたのかな?なんて想像してみたり…。


ハンバーガーショップじゃないから有り得ませんかね(^^;
焼きそば #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年02月11日(火) 15:28
3. 焼きそばさん
キティジェットの機内食には、キティちゃんの顔入りカマボコが入っていたり、リボン風に型抜きされた人参が入っていたりと楽しいですよ!
ただ、帰りのエバー便に乗る際はとても早起きしないといけないのが辛いです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年02月12日(水) 15:40
4. レラティーさん
僕の場合、漢字を音読みする際は基本的に漢音読みで呼んでいます。研究の都合上、漢文史料によく目を通しているので、嫌でも旧字体に詳しくなってしまうものですよ!
魯肉飯を発音する際、こっちにいるときには「ろじくはん」(肉の漢音読みは「じく」、「にく」は呉音読み)、もしくは台語の「ローバープン」と呼ばせてもらっています。

空港では定食形式で出ましたが、基本的に魯肉飯は単品です。僕はたいてい、大衆食堂では魯肉飯とつみれスープを注文しています。

原住民は近年になって、ようやく民族としてのアイデンティティが認知されるようになってきたかなと思います。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年02月12日(水) 16:00
5. 機内食
私も何度か行っていましたが(招待)
機内食はとても豪勢でしたよ。
昔から比べますと今は簡素になっていますね。福岡を飛び立って水平飛行に入りますと
客室乗務員は「チャイナドレス」に着替えて
ワゴン車で食事を各席に配って行きました。
早くしないと台北に着きますので…
美味しかったですよ。
三ちゃん #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年02月12日(水) 20:40
6. 三ちゃんさん
何回か機内食をいただいているうちに、何を選んだら(CIの場合)美味しいのか美味しくないのかが分かってきたような気がします。
エバーは基本的に美味ですよ!CIは焼き立てパンが一番好きです。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年02月13日(木) 17:57
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):