スポンサードリンク




休日だし外出日和だし・・・ということで、海沿いに足を運んでみました。


地島にでも行ってみようかなと思い、神湊渡船ターミナルに行きました。ところが、次に来る地島行きの船は一時間以上も後ということが分かり、結局地島行きは断念しました。

ちなみに、渡船ターミナルの標識はハングル文字併記になっていますが、果たしてこれは必要なものでしょうか?個人的には要らないと思います。


▲浜宮(神湊地内)

移動中、とある場所で黒猫を見かけました。
畑の脇で土の匂いを嗅いでいるようですが、筆者に気が付いていないようです。「神湊の猫はあまり人慣れしていないはずなのに・・・もしや、近くに人がいること気付いていないな」と思いながら近づくも、黒猫は全く逃げもしません。猫を見続けること20秒ほどだったでしょうか、ようやく猫は顔を上げて筆者を見ましたが、その瞬間、目を丸くして一目散に逃げていきました。
普段は抜き足差し足にと、静かに歩く猫ですが、今回は足音を派手に立てながら去っていきました。警戒心の高い猫でも、隙はどうやら所々にあるようです。


神湊から海沿いを東に進み、続いて鐘崎に移動しました。
鐘崎の漁港から地島の泊集落をのぞむことができます。性能の低いカメラでも簡単に写せてしまいます。


織幡神社にやってきました。
今回は真っ白な猫が出迎えてくれました。触らせてくれます。


玉垣は猫たちの通路になっているようです。


くだんの白猫がごろごろ転がります。


いつも触らせてくれるはずの黒白猫はなぜか、近づくと逃げました。代わりに白猫がよく近づいてきました。
黒猫は相変わらず人慣れしているのかしていないのか分からない感じです。


白猫が近付いてきました。黒白はどうやらカリカリをがっついているようです。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):