ホテルをチェックアウトした後、前日のみぞれで雪が少し融けた秋田市内を歩き、朝の秋田駅に到着しました。
青森行き「あけぼの」を見送ってから、朝食を求めて歩き回りますが、まだ早いせいか食堂は全く開いていません。30分ほど駅前を歩きまわり、再度駅に戻ってくると改札口前の喫茶店が開いていたので、すかさず入店して朝食を注文しました。

湯気を立たせながらコーヒーを啜っていると、新幹線ホームに見慣れた車両が入線しているのが見えました。なんと入線してきたのはE3系の東京行き「こまち28号」となる列車で、すかさずスナップ撮影しました。
秋田からは普通列車で大曲に先回りし、そこから「こまち28号」で盛岡に移動する予定ですが、まさか秋田でもE3系を見ることができるとは思ってもいませんでした。ゲーム「電車でGO!」シリーズでお馴染みの列車を、お馴染みの場所で見られるとは感激です。


▲秋田駅で出発を待つE3系「こまち」


新庄まで行く701系で大曲駅に向かい、駅舎を撮ってから盛岡までの切符を購入し、新幹線乗り場でE3系「こまち」の登場を待つことにします。駅構内は雪で真っ白く、半分融けかけていた秋田市内とは全く異なる世界が広がっていました。

待つこと数十分、これから乗車するE3系「こまち28号」が入線してきました。E3系「こまち」の運転最終日が近いとはいえ、平日なのでレイルファンの数は少なく、5人もいなかったと思います。乗車しても簡単に着席することができ、やはりレイルファンの数は少なく、ビジネス客が目立ちました。
「こまち」は全車指定席となっていますが、奥羽線・田沢湖線内では立席特急券を購入することで、空席に乗車することができます。台鐵の無座票によく似たシステムなので、違和感を感じることは殆どありませんでした。


▲大曲駅


▲大曲駅に入線するE3系「こまち28号」


▲E3系「こまち」車内



大曲を出ると、人家が少ないせいか一面銀世界が広がっており、車窓から外を眺めると眩しくなります。九州では仮に雪が積もっても薄いので、眩しくなることはめったにないですが、豪雪地帯では九州では見られない貴重な経験ができます。
「電車でGO!」では隠し警笛があったなー、あそこは志度内信号場だなー・・・など感慨に浸りながら乗車を楽しんでいると、あっという間に盛岡へ到着しました。長いようで短い旅路でした。


▲E6系「スーパーこまち」とすれ違い(左)、田沢湖線の車窓


▲盛岡駅ではE5系「はやて」と連結する


盛岡ではE5系と連結した姿を撮影し、車体が見えなくなるまで列車を見送ります。その後はお土産を購入して在来線に乗り換えますが、なんと駅一面「そばっち」だらけでした。もう少し時間があれば、「まめぶ汁」が食べたかったです。
盛岡からはロングシートの701系でえんえんと移動していきます。途中、一ノ関、小牛田で乗り換えを重ね、仙台駅に到着しました。仙台では僅かな乗り換え時間を経て719系福島行きに乗り換え、一路福島を目指します。


▲盛岡駅は「そばっち」(わんこきょうだい)だらけ


▲701系でえんえんと南下する


▲「わんこきょうだい」ステッカー付きの701系(一ノ関駅)


福島行き電車の車内で一人の老婦人と出会いました。石巻で震災追悼式典に出席された帰りとのことで、栃木在住の方でした。
福島駅に到着し、ここでしばらく滞在します。老婦人とはここでお別れ。


▲福島駅


▲福島稲荷神社


駅内の食堂で遅めの昼食をとり、市街地に出向いてみることにします。途中で立ち寄った稲荷神社では、境内裏手に真っ黒な袋で包まれた汚染土が積まれており、「除染」というコトを初めて直視する機会になりました。
駅でお土産を購入した後、東北線上り列車に乗り込み、途中郡山、黒磯、宇都宮での乗り換えを経て、上野に到着しました。もう少し時間があれば、栃木名物のレモン牛乳を飲んでみたかったです。


▲485系快速「あいづライナー」(郡山駅)

上野には0時前に到着しましたが、翌朝「あけぼの」を撮影するため早起きしたいので、急いでホテルに移動します。夕食は「すき家」でとりました。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
1. 無題
大曲駅懐かしです。
昨年、横手焼そば食べに行きました、冬景色も良いですね。
旅する ペンギン #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年03月18日(火) 23:16
2. こまち
車内の画像から、意外と天井低いのかな?なんて思いました。まだ乗ってないものですから…。


レモン牛乳は…正直、過度の期待はしない方が…と、肩透かしをくらった男が言ってみる(^^;
焼きそば #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年03月19日(水) 07:58
3. こんにちは
まめぶ汁は同じ岩手でも久慈の郷土料理。盛岡の駅構内では見かけないでしょうね。

一昨年、小倉で開催されたB1グランプリにまめぶ汁、参加していました。
まだあまちゃんでメジャーになる前。並んでいる人はとても少なかったですが、黒糖とくるみの白玉団子は意外な美味しさでした。三陸鉄道に乗りに行かれる際に是非!

あけぼの、無事撮影出来て良かったですね。この時期、天候次第であっさり運休になりますから。
E3は車齢が新しいし、山形新幹線に転籍するのでさほど注目されないのでしょう。
necoさん #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年03月19日(水) 15:10
4. necoさんさん
ああ、勿論あれが久慈の料理だということぐらいは知っていますよ(怒っているような文調で失礼いたしました。怒っていません)。僕もさすがに盛岡には、まして駅構内にはないだろうとは思っていましたけれども、駅構内にあったので意外でした。
また聞きですが、盛岡市内の久慈料理を扱う店でも食べられるみたいですね。

昔はあまり食に関心がなかったですが、味覚が変わったせいか、すっかりその土地その土地の味に惹かれるようになりました。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年03月20日(木) 23:26
5. 旅する ペンギンさん
横手~山形経由で福島を目指す手もありましたが、「こまち」を思い出して田沢湖線経由で移動しました。
秋田駅で夕食処を探していると、本格橫手焼きそばを食べることができる店舗を見つけました。今や県庁所在地の駅に行けば、県内各地の郷土料理を食べることができるとは・・・色々と便利になったと思います。
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年03月20日(木) 23:29
6. 焼きそば
「こまち」は新幹線ですが、在来線を通るせいか、若干小さめの車体だなと思いました。

レモン牛乳のようなその土地その土地ならではの食べ物や飲料は、上手くても不味くても挑戦したいというのがモットーでして、台湾で買ったサ○ンパス味の炭酸飲料を飲んだときは見事、肩透かしを食らったことがありますよ!
TSURAYUKI #79D/WHSg [ 編集 ]    2014年03月20日(木) 23:34
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):