ここ最近恒例化している東公園の猫シリーズをお送りします。

今日(4月12日)の福岡は曇り空で、公園を歩き回ってもあまり猫に出くわしませんでした。そんな中、公園北東部の道脇でだみ声の黒猫に遭遇しました。

東公園のダミ声黒猫
▲だみ声の黒猫
東公園にいる猫の中でも、筆者が一番遭遇する猫こそ、今回の主人公「だみ声の黒猫」です。顔が丸々としているせいか、耳と目が小さく見えます。尻尾は短く巻いており、後ろ姿が少し可愛らしいです。
基本的に人慣れしているので、声をかければ だみ声で鳴きながら近づいてきてくれます。

東公園のダミ声黒猫座り
▲道脇に座る「だみ声の黒猫」

東公園のダミ声黒猫足元
よく近づいてくるので、散歩中の方々にも愛されています。

ピカピカ787系(白飛び)
帰り際、吉塚駅でとても綺麗な787系に遭遇しました(白飛びの酷い写真で失礼いたしました)。
ここ最近の787系といえば、錆びが目立った車体というイメージが強くなっていました。久しぶりに、ビュッフェ連結時代の西鹿児島行き「つばめ」を思い起こさせてくれる、美しい車体の787系を見ることができ、良い収穫になりました。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
黒猫可愛い(´∀` )
人馴れしてると、やはり人気でますよね♪


ビュッフェ連結、って遥か昔に感じますね。列車や自動車、状態の良い古参な乗り物に出会うと、それだけで収穫って気持ちになりますよね。
焼きそば #6sKKLMP2 [ 編集 ]    2014年04月14日(月) 18:05
焼きそばさん
まさか、787系を見て懐かしいと思うような時代がこんなに早く訪れようとは思ってもいませんでしたよ。引退もあっという間に訪れるのでしょうね。
ビュッフェ現役時代の787系には二度、99年の「つばめ3号」(たしか門司港発でした)と2000年の「ドリームつばめ」に乗車したことがあります。あのころの南九州は国鉄急行型だらけだったりと、いい思い出ばかりが甦ってきますよ。
wra(福岡) #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年04月14日(月) 22:02
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):