まだ2000形が走っていた2009年10月、毎年恒例の「西鉄電車まつり」を見に筑紫車両基地へとやってきました。ちょうど今(2014年6月現在)、東京メトロで活躍していた01系が改造を受けるため、筑紫車両基地に入場しており話題となっていますね。

IMGP0956.jpg
そんな筑紫車両基地に、IC乗車券「nimoca」のマスコットキャラクター「フェレット」が登場しました。たしか、「フェレット」が西鉄電車まつりに登場したのは、これが初めてだったような気がします。
事務所から出てくるや否や、たちまち周囲に子どもたちが集まってきました。赤ちゃんは泣いてしまうことが多いですが、流石はマスコットキャラクター、子どもたちをひきつける強い力を持っています!

IMGP0960.jpg
2009年というと、既に「唐ワンくん」も「やなな」もいましたから、世間様のいう「ゆるキャラ(R)ブーム」の真っただ中にあたるわけですが、今よりもマスコットキャラクターの集まるイベント―特に、当時注目を集めていた「ひこにゃん」「はばタン」「せんとくん」等が本拠地とする近畿から離れた福岡―は少なめでした。

まだ、福岡県内各地にマスコットキャラクターが乱立する少し前のワンシーンをお送りしました。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):