天気が良いのか悪いのかよくわからない日が続いていますが、雨が降っていないんだったら公園を歩きましょう・・・ということで、吉塚駅そばにある東公園に立ち寄りました。今回も恒例の「東公園の猫」シリーズをお送りします。

IMGP3098.jpg
長老猫「タマ」のいる公園南東部の植え込みの近くにやってきました。今回は「タマ」のほか、黒猫と茶トラ猫の計3匹が植え込み横の広場で過ごしているのが見えたので、近づいてみます。
公園南東部で懐く猫といえば、筆者は「タマ」しか知らないので、おそらく他の2匹は逃げてしまうだろうと思いながら近づきました、が・・・

IMGP3099.jpg
「タマ」は・・・ご覧のとおり、いつも通りです。年が年なので、いつも通りでいるということはつまり、「タマファン」(?)にとっては喜ばしいことなのです。
ただし風邪をひいているのか、息をするたびに鼻をピシピシいわせるなど、若干つらそうにも見えました。

IMGP3101.jpg
植え込み横の広場にいた3匹のうち、茶トラはどこかにいってしまいましたが、黒猫の方が鳴きながらすり寄ってきました。体の大きさから考えるに、3匹の中では一番若いようです。
黒猫の相手をしていると、植え込み奥の方に黒猫の姿が見えましたけれども、件の黒猫の親でしょうか?



場所を移り、「だみ声の黒猫」がいる公園北東部にやってきました。石碑上に目をやると、やはり「だみ声の黒猫」(以下、「だみ黒」)と「だみ声の麦わら猫」(以下、「だみ麦」)が寄り添う形で寛いでいました。

IMGP3103.jpg
▲だみ声の2匹

IMGP3104.jpg
「だみ麦」は筆者に気付いてカメラ目線になりましたが、「だみ黒」はまだカメラに気付かず、後ろを向いたままです。

IMGP3105.jpg
2匹ともカメラに気が付いたのかどうかは分かりませんが、立ち上がってこちらを向いてくれました。「だみ黒」―餌場では「クロ君」と呼ばれているのを見たことがありますが―は、祖父母家の「みーちゃん」が鼻高いのとは対称的に、鼻が低く顔が丸々としています。
そんな「だみ黒」でも、眼をぱっちり開けているのをみると、かっこよく見える・・・そんな気がします。

IMGP3107.jpg
だみ声の2匹の背中合わせもなかなか良いです。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):