空いた時間を見つけて東公園に立ち寄ると、とても暑い日ではありましたが、猫たちがわずかな涼を求めて表に出てきていました。

タマの居場所で
普段、長老猫「タマ」の居る植え込み付近で黒猫(右奥)とキジ猫(左)に遭遇しました。

だみ黒が岩の上で
こちらは何度か見たことのある茶トラ白ですが、相変わらず人慣れしていません。地面にペットリ張りついて、出来る限り暑さをしのごうとしています。

IMGP3205.jpg
公園北東部に移動すると、やはり「だみ黒」の姿がありました。いつも通り、だみ声でのお出迎えです。
岩の上に一匹だけ座っていたので、相方(だみ麦)はお留守かな、と思っていると・・・

IMGP3206.jpg
すぐにやってきました、相方の「だみ麦」(仮称)です。

IMGP3208.jpg
うん、やっぱりこの2匹はいつも一緒です。先日の夜に通った時もやはり、一緒にいました。

IMGP3209.jpg
続いて、スケートボーダーがつどう噴水付近に足を運びました。最近姿を見かけなくなった長毛猫「ユリちゃん」がよくいる場所ですが・・・
妙に毛の長い猫が座っていたので、近づいて見たところ、逃げようとしません。明らかに人慣れしているうえ、キジ柄だったので顔を覗き込むと「ユリちゃん」本猫でした。結構夏毛に生えかわっていますが、耳・脇腹・尻尾が長毛のままです。
鳴いて挨拶してくれるも、声がかすれてあまり聞こえません。元から「かすれ声」なのでしょうか。

IMGP3210.jpg
毛は抜けましたが、噴水の名物猫としての貫禄は十分にあります。タマ、だみ黒、ユリちゃん・・・狭い公園ながらも、そこには複数の猫コミュニティがあって、それぞれの場所にひときわ愛されている猫がいるのです。

IMGP3212.jpg
しばらく見ないので気になっていましたが、元気そうでなによりです。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):