IMGP3409.jpg
鹿野駅は構内の北側がカーブを描いています。そこで、駅北側に良い撮影地がないか探してみることにしました。

IMGP3410.jpg
駅北側を省道9号に沿って進むと、線路をくぐる小道が見えてきます。道の先がどうなっているか少し気になったので、早速小道に入りました。
小道を跨ぐ線路の真横に、ナロー時代のものと思しき橋台があります。路盤のあった場所は既に竹藪と化しており、改軌からかなりの歳月が流れたことを実感するものです。スイッチバックだった稲葉駅跡にも行ってみたくなりました。

IMGP3411.jpg
▲台東線鹿野~瑞源(旧:大原)駅間の橋台

IMGP3412.jpg
線路を抜けると、そこには緑豊かな畑が広がっていました。かすかに畜糞の臭いがするので、きっと近くに畜舎の類があるのでしょう。

IMGP3413.jpg
いかにも南国らしい小道にしばし、見とれてしまいました。

IMGP3415.jpg
先ほどの橋台があった場所の近くに戻ってきました。

IMGP3416.jpg
下線柱が奥にあるし、路盤よりも少し高い場所にあるし、ここは撮影に適しているような気がします。卑南渓が作り上げた絶景も実に美しいです。

IMGP3418.jpg
鹿野駅に戻ってきました。すると、遠くからDLの轟音が聞こえてきたので慌ててカメラを構えると、すぐに莒光号が通過していきました。

IMGP3419.jpg
美少女キャラクターのイラストがラッピングされていることから、「痛食堂車」として親しまれているDC10500形が連結されていました。

撮影日:2014年7月6日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):