今回お送りする玉麒麟別荘は花蓮県南部の要所、玉里鎮の中心部にあります。玉里駅の目の前にあるので、日本人の鉄道旅行者の間でよく知られているようです。

DSCN3112.jpg
▲玉麒麟別荘外観(2017年4月撮影)
価格は600元と非常に安く、安価で旅を楽しみたい方にはピッタリかもしれません。ただし価格が安い分、アメニティグッズは揃っていないので、石鹸・歯ブラシ等は自分で用意する必要があります。寝るだけなら問題ない宿だと思います。

フロントで支払いを済ませると鍵を受け取り、部屋を目指します。安宿にしては綺麗な内装で、また機会があれば泊まりたいと思いました。安宿だからと侮れません。

IMGP3474.jpg
室内にはテーブル・鏡・電気ポット・タオル・ドライヤー・扇風機が置かれており、冷房装置もあります。飲料水はないので、欲しければコンビニに行って購入することになります。コンビニはたしか、玉里駅の駅舎内と中山路(玉里大通り)にあります。

IMGP3473.jpg
ベッドは広めで、就寝するのに問題はありません。グッスリ眠れます。

IMGP3472.jpg
▲浴室・トイレ
蛇口とシャワーを切り替えるハンドルに慣れず、満足にシャワーを浴びることができませんでした。あるのは最低限の設備だけで、石鹸類はありません。

撮影日:2014年7月6~7日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):