台鐵富源站前風景
今回は台湾東部、台鉄台東線富源駅の様子をお送りします。昭和20年の時点では白川駅と呼ばれていました。

元々の駅舎は台東線によくある無骨なデザインでしたが、電化にあわせて改修工事が行われ、和風デザインに衣替えしました。完成直後は本来の設計図とは異なる、赤を基調としたデザインになっていました。さすがに批判の声があがったようで、結局設計図通りの姿に「再改修」され現在に至ります。

IMGP3503.jpg
▲富源駅駅舎改修工事の完成予想図
現在の駅舎とほぼ同じデザインです。

拔子庄常民文化館是原本的台鐵倉庫,從日治時期可能位於這裡。
駅舎の横には「抜子庄常民文化館」という施設があります。この建物はもともと倉庫として用いられていたもので、館内には古い写真や農具等が展示されています。

於富源站,莒光號之一部分、區間車、普快車(當時)停車。
富源駅は小さいながらも、一部の優等列車が停車する有人駅です。基本的に莒光号・区間車・普快車(当時)が停車します。

IMGP3532.jpg
▲公衆電話スペース

IMGP3531.jpg
改札口は一か所にだけあって、列車到着が近づくと改札が行われる方式をとっています。

TEMU2000型普悠瑪號富源站通過
▲富源駅を通過するTEMU2000型「プユマ」

IMGP3502.jpg
▲富源駅に停車する莒光号

DR2800型自強號拔子庄通過。
富源~瑞穂駅間で少しだけ撮影してきました。一足先に台北口から姿を消したDR2800型自強号が通過します。

撮影日:2014年7月7日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):