2014年7月、定期運用としては最後のDR2700型乗車となったのが普快4675次でした。昨年夏にも、同列車に鳳林から花蓮まで乗車しています。
最後の最後ではありますが、この4675次の乗車をもって、DR2700型運用区間すべて(花蓮~玉里~台東)の乗車を果たすことができました。

IMGP3554.jpg
▲玉里駅出発
DR2700型がつどう中、玉里駅を出発します。次に玉里を訪れたときはもう、白鐵仔の姿はありません。車内から駅構内の風景をしっかりと目に焼き付けておきます。
もうDR2700型の姿がないので辛くなるかもしれませんが、玉里は風光明媚な場所なので、また近いうちに訪れたいです。日本家屋も結構ありますよ。

IMGP3556.jpg
▲DR2700型の座席と陽だまり

IMGP3557.jpg
瑞穂を出発後、車窓右手に瑞穂移民村の旧玉苑集落が見えてきました。近くには旧瑞北駅の跡地があります。
今でもベーハ小屋が数棟建ち並んでおり、日本統治時代の面影をかすかに残しています。高架区間なので見晴抜群、撮り応え抜群です。

IMGP3558.jpg
熱帯林の中を、カミンズ製エンジンをかき鳴らしながら走り抜けます。

20140707152515(1).jpg
▲大富(旧:大和)駅
各駅停車しか止まらない小さな駅です。日本統治時代には、本島人(台湾人)向けの私設移民村「大和村」が置かれていました。

20140707153111(1).jpg
車窓右手に花蓮港製糖所大和工場(戦後は光復糖廠)の宿舎群が見えてきました。台湾各地には製糖所が多数ありましたが、日本統治時代の木造宿舎が今も各地に残されています。

また、光復郷市街地一帯には日本統治時代に上大和移民村が設置されていました。非常にマイナーな移民村なので、どこが移民村の集落だったか、どこに当時の家屋が残されているかは調べている最中です。

20140707153529(1).jpg
▲光復隧道
電化にあわせて、広くて新しいトンネルにルート変更されました。

20140707153857(1).jpg
▲万栄(旧:万里橋)駅
林田山文化園区へお越しの方はこちらが最寄り駅です。ただし自強号は停車しないので、発着列車はそこまで多くありません。

IMGP3559.jpg
鳳林駅に到着しました。以前訪れたときは駅舎の改修工事が行われている最中でしたが、今回は美しく生まれ変わった駅舎を少しだけ見ることができました。

IMGP3560.jpg
▲鳳林駅駅舎

IMGP3562.jpg
鳳林駅では長時間停車しました。ホームでDR2700型の撮影を楽しみますが、平日ということもあり、撮影者は少なかったです。

IMGP3563.jpg
▲鳳林駅にて、DR2700型連結部

撮影日:2014年7月7日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):