九州中央部、大分県九重町には飯田高原という高原地帯があり、九州を代表する避暑地として知られています。

高原の入口には九酔渓という、これまた美しい渓谷があります。そこにあるのが今回お送りする、九重夢大吊橋です。
日本で一番高い歩行者専用橋であることはよく知られており、筆者もかねてより訪れてみたいと思っていました。あいにくの天気ではありましたが、九酔渓の素晴らしい眺めを一望することができましたよ。

大分縣九重夢大吊橋,當日很有台灣人旅行客。
▲九重夢大吊橋入口
当日は台湾からのツアー客でにぎわっていました。

我去了於大分縣九重夢大吊橋,當日很有台灣人旅行客。

IMGP3909.jpg
橋の中央部に立つと、渓谷の奥の方・・・九重市街地よりも一層奥にある山々も見えます。

IMGP3910.jpg
下の方は・・・こりゃ高いぞ!
ちなみに橋の通路中央部はスケルトン上になっており、空中散歩をしている気分になれます。

IMGP3912.jpg
対岸に渡ってきました。西岸側には大きな駐車場や売店が、東岸側にも小規模ながら駐車場や売店が揃っています。チケットを提示すれば、対岸に渡った後、ゲートの外に出ることができます。

IMGP3915.jpg
山の上から豪快に流れ落ちる滝だって見えます。今回は逆光気味のため掲載を見送りましたが、南側を眺めると九州本土で一番高い久住の山々を眺めることができます。

IMGP3919.jpg
▲「ミヤちゃん」・・・動く!?
大分縣九重町之吉祥物「Miya chan」,是神奇寶貝的插畫者設計。

来た道を戻り、売店のある場所にやってきました。おや・・・九重町のマスコットキャラ「ミヤちゃん」がいるじゃないですか!ピカチュウのデザイナーさん作でおなじみです。
着ぐるみですが、展示中のものなので動きません。イベントがあれば動くかも・・・!?

少しセコイですが、ようやくまともな単体写真を収めることができましたよ。「ミヤちゃん」は以前にトリアス久山で見かけたことがあり、その時は移動中の姿をスナップするだけで精一杯でした。

撮影日:2014年7月23日



《「ミヤちゃん」解説》
「ミヤちゃん」を初めてみたとき、真っ先に思い浮かべたのが「ポケモン」こと「ポケットモンスター」でした。まさか「ポケモン」のデザイナーさんが・・・と思い調べたところ、やはりその通りで、大人気ポケモン「ピカチュウ」などを手掛けた、にしだあつこ氏によるデザインであることが分かりました。ミヤマキリシマの花をモチーフとした可愛らしいキャラクターです。

九重町は筑後川水系の上流域に位置し、くじゅう連山や飯田高原など景勝地に恵まれています。初夏のくじゅう連山を彩るミヤマキリシマは非常に美しいことで有名です。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
こんばんは♪
この辺り私も大好きです。
残念ながら時間がなく通り過ぎてしまっただけですが、今度は秋の紅葉時にでも行ってみたいですね♪(^^)
じゃぱ #- [ 編集 ]    2014年08月27日(水) 22:04
凄い高さ…
展望台等よりも、高く体感しますねこれは…。


高い所が特別苦手って訳じゃないんですが、腰が引けそう(^^;


あと、遅くなりましたがコメ欄修正ありがとうございましたm(_ _)m
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2014年08月27日(水) 23:49
焼きそばさん
20日ほどコメントがないので怪しいな・・・と思っていましたが、ようやく解決できて一安心しました。先日はご指摘ありがとうございます。

橋を渡るときにかなり揺れるので、ただでさえ高いだけでもビックリものなのに、大いに楽しみながら渡ることができました。いつか、高い所からのバンジージャンプもやってみたいですね。
wra #- [ 編集 ]    2014年08月28日(木) 17:17
じゃぱさん
じゃぱさん、こんにちは。
2014年4月にfc2へ移転してからようやく、アメーバつながりではない、純粋なfc2ブロガーの方からコメントをいただくことができました。本当にありがとうございます。

数年前にも、九酔渓の近くを通ったことがあるのですが、風景は全く覚えていませんでした。おかげで新鮮な気持ちで橋を渡ることができましたよ!
夏は新緑、秋は黄金色、冬は真っ白・・・季節ごとに風景を彩る色が変わり、それぞれで楽しめることでしょうね。
wra #- [ 編集 ]    2014年08月28日(木) 17:20
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):