台湾東部、花蓮県花蓮市にある旧花蓮港神社を訪れました。同神社跡は戦後、中華民国政権の手によって美崙山忠烈祠に改められ現在に至ります。

同神社は花蓮港庁平野区の米崙山腹にあり、台湾神社(→台湾神宮)と同一の祭神を祀っていました。1916(大正5年)4月に起工し、鎮座式は同年9月22日に行われ、1921(大正10)年3月2日には県社に指定されています。(台湾総督府編『台湾事情. 昭和18年版』台湾総督府官房情報課、1943年)

ここにはちょうど昨年・・・2013年夏にも訪れたことがあり、その時は神社の痕跡がほとんど残っていないということで、軽く撮影するに留めました。今回は神社跡地が当時の原型をどれだけ留めているか、境内を注意深く調べてみました。
玉垣・神馬の写真は、『自転車で花蓮を巡る(1)』に掲載しております。

SN3U0043.jpg
▲旧花蓮港神社入口
現在の林森路は当時の参道です。かつて美崙渓には吊橋が架かっていましたが、現在では片側2車線の道路橋になっています。

IMGP3588.jpg
▲旧花蓮港神社 参道階段
目の前に見える牌坊は、元々鳥居があった場所の上に建てられたものです。
階段は当時からのものではありません。日本統治時代から戦後初頭にかけて撮影された写真を見る限りでは、元々の参道階段は現在よりも狭く、かつ途中に踊り場がありませんでした。階段脇には石灯篭が連なり、神社ならではの落ち着きある風格を持っていました。

石灯篭を撤去してから階段を拡張し、さらに踊り場を一か所設けるなど、階段だけでもかなり変形されています。

IMGP3589.jpg
▲四の鳥居跡から旧神社入口を眺めて
元々、参道上には鳥居が3基置かれていました。残念ながら、今では見る影もありません。

IMGP3590.jpg
このコンクリート片は・・・気になったので記録に収めましたが、神社とは無関係だと思います。

IMGP3591.jpg
▲拝殿跡付近から旧神社入口を眺めて
どうやら中華民国政権が神社建築を破壊したときに、敷地の大規模な破壊・変形が行われたのでしょう。地形がかなり変わっています。

IMGP3594.jpg
▲石垣

IMGP3593.jpg
▲本殿跡を側面から眺めて
旧花蓮港神社の境内はどうやら3段になっていたようで、1段目には四の鳥居と拝殿・手水舎・社務所、2段目には空地、3段目には本殿があったようです。2段目の空地には忠烈祠関係の建物が建っており、最上部がデッキのようになっています。本殿跡には、そのデッキから行けるようになっていることが分かりました。

IMGP3595.jpg
1段目に謎の岩が置かれていました。神社時代からのものではないと思いますが、気になったので記録に収めました。
この近くには、石灯篭の一部がアスファルトに埋もれながら残っているようです。

IMGP3597.jpg
同じく1段目、神馬横には小さな運動場があります。そこに住み着いている猫が台の上で眠っていました。

IMGP3598.jpg
謎のコンクリート片を見つけました。神社時代からのものではないと思いますが・・・

IMGP3599.jpg
神社の倉庫によく似た建物があります。戦後建築されたものだと思いますが、神社の倉庫を意識した造りになっているような気がします。

台湾花蓮、舌を出して眠る猫。あざとい。
もう一度件の猫に近づくと、相変わらず眠っていました。手前の白黒猫なんて、ベロを出して眠っているじゃないですか。かわいらしいです。

撮影日:2014年7月7日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
本題と関係ないところに食いついて申し訳ありません。
台湾の猫さんですか、気持ちよさそうですね。
わたくしもあちこちの猫たちに会いに行ってみたいものです。
よっぱらいねこ #UKgPKWds [ 編集 ]    2014年09月02日(火) 12:00
よっぱらいねこさん
コメントありがとうございます。

いえいえ、どの写真についてコメントされても構いませんよ。台湾でも猫は大事にされており、至る所で健康そうな猫を見かけました。薄汚れた野犬とは対照的です。
中には触らせてくれる猫もいるなど、猫好きにはたまらない場所だと思いますよ。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年09月02日(火) 15:01
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):