出雲大社は中国地方北部、島根県の出雲市(旧:大社町)にある官幣大社クラスの神社です。出雲神話ゆかりの場所であり、地理に詳しくなくても大抵の方がご存知かと思います。
あまりに有名な場所なので、基本的な解説は最小限にとどめておきます。

IMGP3946.jpg
▲出雲大社入口・木の鳥居
一畑電車出雲大社前駅を出ると、すぐ目の前が参道になっています。参道沿いには土産物店や食事処が軒を連ねており、観光客が絶えることはありません。出雲蕎麦を扱う店舗も揃っています。
また、出雲大社前駅から若干南側には大鳥居が聳え立っています。

出雲大社の社号標
▲「出雲大社」社号標
いかにもトップクラスの神社らしい、威風堂々たる造りです。

出雲大社二の鳥居
▲木の鳥居

出雲大社鉄の鳥居
参道をしばらく歩くと、今度は鉄の鳥居が見えてきました。松の根を保護するため、参道中央部は歩けないようになっており、歩行者は松並木の両脇を通ることになります。

IMGP3958.jpg
同神社祭神の大国主といえば、「因幡の白兎」の物語がよく知られています。神苑内を歩いていると、白兎のモニュメントを見つけました。

DSC05746.jpg
▲手水舎

IMGP3950.jpg
▲大国主と白兎の銅像
「因幡の白兎」のワンシーンを銅像にしたものです。

DSC05748.jpg
こちらもやはり大国主の銅像で、「幸魂奇魂」(サキミタマクシミタマ)のワンシーンを銅像としたものです。

《解説「幸魂奇魂」》(1)
大国主と少彦名命はともに国造りを行っていましたが、やがて少彦名命が常世の国に旅立ちました。それを嘆いていた大国主のもとに、海の彼方から1柱の神が現れます。その神は「私は其方の幸魂奇魂である。もし私を丁重に祀ったなら、其方の国造りに協力しよう」(分かりやすく言い換えた)といい、大国主はその言葉通りに祀りました。
大国主のもとに現れた神は大和(現在の奈良県)の三輪山に鎮座し、大物主と呼ばれるようになりました。

IMGP3951.jpg
銅の鳥居が見えてきました。この奥にあるのが拝殿です。

DSC05744.jpg
▲出雲大社拝殿
参拝は二礼四拍手一礼です、お忘れなく。

IMGP3955.jpg
拝殿の裏側にまわると、本殿への入口が見えてきます。奥には高い屋根を持つ本殿があります。

DSC05743.jpg
▲本殿への入口
ここから先は真の聖域です。

IMGP3963.jpg
参拝を済ませ、木の鳥居付近に戻ってきました。ここから南側を眺めると、コンクリート造りの大鳥居を遠くに見ることができます。

撮影日:2014年8月31日




(註)
(1)『古事記』の該当箇所を参考にした。「幸魂奇魂」の一文は『日本書紀』にもあるが、内容は若干異なる。
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):