IMGP3992.jpg
出雲市から浜田行の普通列車に乗り、山陰本線を西へと進んでいきます。エンジン全開で飛ばす特急とは対照的に、速度はゆっくりとしており時間もかかります。

IMGP3993.jpg
乗車した列車はキハ47形2両編成です。無人駅では扉の開かない後ろ側の車両に乗車しましたが、どちらの車両にも十数人ほどの乗客がありました。

IMGP3994.jpg
▲田儀駅付近
国道9号線と並走する区間は少なくありません。

IMGP3995.jpg
中国地方では赤茶色の石州瓦がよく使用されています。車内から時折見える漁村の屋根瓦はやはり、石州瓦の割合が多いです。
普段から黒瓦の寺院しか見ないので、赤茶色い瓦の寺院には新鮮味を覚えました。写真上の集落には黒瓦も存在しますが、場所によっては石州瓦率が約9割の場所だってあります。

IMGP3996.jpg
出雲市から浜田まで移動するだけでも、かなり距離があります。特急を利用すると、出雲市から大田市まであっという間ですが、普通列車だと気の遠くなりそうな時間を過ごすことになります。

IMGP3997.jpg
浜田が近づくにつれ、乗客が少なくなってきました。2両目には筆者以外、もう誰も乗っていません。所謂「貸し切り状態」になったのです。
今回乗車したキハ47形は、ロングシートの割合が多くなるよう改造された車両でしたから、ボックスシートは4区画にしかありませんでした。

IMGP3998.jpg
▲江津東ウインドファーム風力発電所

IMGP3999.jpg
江の川を渡ると、間もなく江津です。

IMGP4000.jpg
▲三江線が寄り添い、やがて江津駅構内へ

IMGP4002.jpg
出雲市から長い道のりを経て、浜田駅に到着しました。
ここからさらに、益田、長門市を経て山陰本線を下関まで、普通列車で移動します。浜田はまだ中間地点ですらありません。

撮影日:2014年8月31日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
キハ40、48は北海道にもありますが、47は無いですね・・・

来月、漸く、唯二未訪問である都道府県のうち、島根県を訪れる予定です。
ご紹介いただいたように、海岸線を楽しみたいものです。
三江線、もう復旧しているようですね?
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2014年09月24日(水) 00:45
レラティーさん
ええ、中国地方の昨年度被災路線はすべて復旧したようでよかったです。三江線は利用者・本数ともに少ないので、被災するたびに大丈夫か大丈夫かと心配になりますよ。
出雲市から下関までは6時間ほどかかりました。地図で見ればそれほど距離の長さを感じませんが、実際に乗車してみると、気が遠くなるほど時間がかかるということを実感できました。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年09月25日(木) 21:27
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):