恒例の東公園の猫シリーズ、今回は触れる猫が複数登場します。触れる猫です、東公園では貴重クラスの触れる猫です(重要なことなので2回書きました)。

福岡市中央区の須崎公園から猫が突然姿を消して以来、東公園に猫撮りの場を移してからはや1年が経ちました。ここ1年間だけでも猫の移動は非常に激しく、いつの間にか見かけなくなった個体も多いし、新たに生まれた個体も多いです。地域猫サポーターの手によってTNRも積極的に行われています。

IMGP4166.jpg
ふと公園内を歩いていると、TNR済みのキジ猫を発見しました。TNR済みすべてが人馴れしているわけではなく、近づくと逃げたりする個体や給餌の方以外には近づかないのも結構いるので、逃げるか逃げないか見定めるため、ゆーっくりと近づいてみました・・・

ここは以前、甘えん坊の茶トラがよくいた場所で、「だみ黒」勢力下の公園北東部よりも少し南側にあります。過去に見たことはあるかもしれませんが、近づいてみるのは今回が初めてです。

IMGP4167.jpg
ちょいとコワモテですね。どうやら若いようで、毛がもっふりしています。

IMGP4168.jpg
後ろにまわってベンチに座り、少しずつ座る場所をずらしながら近づいてみます・・・が、逃げる気配はゼロです。

IMGP4169.jpg
よし、近づいてみよう!

IMGP4170.jpg
無事に触らせてくれました!猫も見かけで判断しちゃダメということです。
以前いた茶トラのように、ぐいぐい額をこすりつけて甘えてくるというわけでもないので、写真のモデルに向ている個体だと思います。触ればもっふりとして柔らかいです。

IMGP4171.jpg
なんか「風車の弥七」や「うっかり八兵衛」のごとく、水戸黄門に登場する架空の人物のような命名法ですが(先例:だみ声の黒猫)、ここでは勝手に「もっふりキジ猫」・・・略して「もふキジ」と呼ばせてもらいます。給餌の皆様ごめんなさい。

IMGP4173.jpg
亀山上皇像の近くに移動すると、最近よく見る茶トラ白がいました。こちらもTNR済みですが、ある一定の距離まで近づくと逃げます。

IMGP4175.jpg
上皇像脇の茂みでよく見かけますが、そのあたりをネグラにしているのか・・・

IMGP4176.jpg
キリッとしているのかしていないのかよくわからない顔が、どことなく祖父母家の「みーちゃん」のようです。

IMGP4177.jpg
白黒猫「タマ」が老後を過ごす公園南東部の茂みに移動すると、鼻をぴしぴしさせる音が聞こえてきました。音のする方を見るとやはり「タマ」でした。

IMGP4178.jpg
最近TNRを受けた黒猫が岩にたまった水を啜っています。この猫は以前、自分から近づいてきて撫でたことがある個体ですが、いつの間にか人馴れしなくなりました。近づくと逃げます。

IMGP4180.jpg
「タマ」が動き出しました。かなりの老猫ですが元気に動いて回ることもあります。

IMGP4182.jpg
先ほどの黒猫はまだ水を啜っています。結局筆者と目が合い、そそくさとその場を後にしてしまいました。

IMGP4184.jpg
あいにく太陽は出ていませんが、「タマ」が日光浴の定位置につきました。今夏はあまり姿を見かけず、安否を心配する時期となりましたが無事でした。

そういえば、「だみ黒」といつも一緒にいた、「だみ麦」をいつの間にか見かけなくなりました。次々と猫が姿を消す中でも「タマ」が変わらない姿を見せてくれるのは、もちろん給餌の方々の尽力もありますし、何といっても彼が東公園のどの猫よりも生きる術を心得ているからでしょう。

IMGP4185.jpg
▲タマの「ぺろんちょ」

IMGP4186.jpg
▲くしゃみをする「タマ」

IMGP4187.jpgIMGP4188.jpg
老いて白毛が目だったとはいえ、若い猫には負けじと身だしなみには気を付けます。

IMGP4189.jpg
▲タマのグルーミング

撮影日:2014年10月6日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
ちょいご無沙汰です
和風なネーミング、いいですね。


やはり野良は、人それぞれ付けた名前があるもんですよね。


それにしても、タマのぺろんちょ写真、お見事です♪
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2014年10月08日(水) 22:51
焼きそばさん
何度か足を運ぶとつい顔を覚えてしまうので、名前を付けた方が識別するのに都合いいんですよね。件の「だみ黒」は、給餌の方からは「くろ」と呼ばれていたりと人それぞれの呼び名を持ち、愛されているんだろうなと感じますよ。
タマはこの先そう長くないと思うので、生きている証をしっかり収めることができて、また一ついい記事を書くことができました。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年10月09日(木) 09:48
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):