2008年10月、毎年恒例の「西鉄電車まつり」が筑紫車両基地で催されました。当日の展示車両は2000形2051編成と100周年記念ラッピングを纏った8011編成でした。

2051F (19)
▲左から、8000形8011編成と2000形2051編成
8011編成は「特急 福岡(天神)」幕を、2051編成は「特急 大牟田」幕を掲示していました。

2051F (21)
続いて2051編成の車体をゆっくり見てまわりました。そう遠くないうちに引退するだろうと思い、足回りを間近で見られるこの機会を利用して、車両の記録をくまなく収めようと思ったわけです。

2051F (20)
▲方向幕「特急 大牟田」
土休日朝、下り一本だけ設定されていた2000形特急のA061列車を思い出します。

2051F (2)
▲車体先頭部を側面から

2051F (3)
▲先頭部足回りを側面から

2051F (4)
▲「ク2000」プレート
形式 ク2000
定員  123人
自重  30.0瓲
製造年月 昭和49年2月
製造所 川崎重工


2051F (5)
▲側面方向幕

2051F (6)
▲パンタグラフ

2051F (7)
▲扉付近

2051F (8)
▲連結部足回り

2051F (9)
▲扇風機接触器・主開閉器など

2051F (10)
▲補助制御装置など

2051F (11)
▲三菱のマークが見える

2051F (12)
▲台車付近

部品… (2)
物販コーナーに移動すると、入札にかけられるという宮地岳線の駅名標がありました。

部品… (3)
古賀ゴルフ場前、古賀、花見、福間、宮地岳、津屋崎・・・
まだ部分廃止から10年もたっていませんが、沿線の様子は一変し、どこに廃線跡があったのかわからない場所も出てきました。駅跡を示すモニュメントは皆無なので、そう遠くないうちに設置してもらいたいものです。
廃線跡に道路の類を設置するというから廃止に嫌々納得したのに、結局道路化はうやむやにされて宅地化されてしまいました。人口密度が多い地域でこれからも開発・発展の見込める地域だったのに、何の改良もせずJRの圧倒的優位に身をゆだね・・・実にもったいない。
2010年末にJR鹿児島本線が長時間ストップした際、宮地岳線という存在の大きさを痛感したものです。

部品… (4)
どれも懐かしい・・・

部品… (5)
西鉄福間駅は今や、どこにホームがあったのか分からなくなってしまいました。橋梁も次々に撤去され、痕跡は日を追うごとに薄まっていくばかりです。

部品… (6)
すでに廃車になった2000形2011のプレート類と並ぶかたちで、なんと1000形のプレート類も入札にかけられていました。廃車からだいぶ(といっても5年ほど)経ちましたが、まだストックがあったんですね・・・!
2000年度に廃車された1005編成と1205編成のプレートが用意されていました。

部品…
貝塚線オール2両化の際に廃車となったモ609のプレートもありますし、308形308編成のプレートも入札にかけられていました。
そういえば、1000形には三菱製だけでなく東洋製のモーターを持つ編成もあったようですが、どのような走行音だったのか気になります。

撮影日:2008年10月12日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):