2007年秋、西鉄天神大牟田線に乗車しながら2000形の撮影を行っていました。まずは2000形2021編成に乗車し、大橋駅を目指します。

2021F (2)
▲2021編成車内プレート類
1974年ローレル賞受賞のプレートが誇らしげです。この編成は昭和48(1973)年に製造されています。

2021F.jpg
▲2021編成車端部
2000形の車体は2年後に製造された5000形によく似ていますが、車端部(扉~連結部間)の広さが若干異なっています。2扉の特急用車両として製造されたからこそ生じた個性だといえます。

2061F.jpg
▲2000形2061編成 筑紫行き普通
続いて、大橋駅で2000形最若番の2061編成(大牟田方面から順に、2061-2062-2063-2064-2065-2066)を記録に収めます。特急通過待ちの時間を利用して撮影しました。

2061F (2)
こちらは昭和49(1974)年に製造されたラストナンバーです。2061編成は1974(昭和49)年、西鉄電車ではお馴染み川崎重工で産声を上げました。ちょうど5000形製造開始の一年前となります。
写真上、画像が若干ぶれています。

2061F運転台
▲2061編成運転台
ちょうど普通運用に入っていたので、運転台上には「普」パネルが載っています。
2000形といえば中央に設置された運転台です。結構シンプルですが、且つ時代を感じさせます。右側には、大橋駅で道を譲った8000形の大牟田行き特急が映っています。

撮影日:2007年11月25日




以前(2012年10月)、今回と似たような記事を執筆したことがあることに気づき、古い方を削除することにしました。最後に、当時寄せられたコメントを掲載いたします(一部、敬称略)。

1. こんにちは。
西鉄の中央に配置された運転台が、中々歴史を感じますね!ロ-レル賞のマ-クも素晴らしいね!
神崎守 2012年10月13日

2. 無題
最近、西鉄乗ってないですね~。

九州の列車は全国を出張していて
グレード高いですね。

ちょうさん 2012年10月13日

3. 神崎守さん
中央運転台はかなり珍しいですよね。
せめて前頭部だけでも保存されれば良かったのですが・・・
wra 2012年10月14日

4. ちょうさん さん
九州の鉄道はJR以外も充実していて楽しいですね。
宮崎~鹿児島には5年以上行っていないので、九州の中でも特に気になっています。
wra 2012年10月14日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):