2014年10月もついに後半を迎え、滋賀県彦根市では毎年恒例のマスコットキャラクター(以下、マスコットキャラ)を取り扱うイベントが催されました。イベント名は昨年に続き、「ご当地キャラ博in彦根」です。昨年は1日のみ観覧してきましたが、今年は材料をまんべんなく揃えるために、2日間(18・19日)かけて取材いたしました。

当シリーズを執筆するにあたり、記事ごとにNGワードを設定しておきたいと思います。というのも、これを設定しておかないと決まりの悪い記事になる可能性があるためです。2013年以前の彦根訪問記に比べるときつい語彙を使用するかもしれません、その点につきましてはどうかご容赦ください。

今回のNGワードは・・・
(1)ふ●っしー
(2)やなな
(3)ふわふわ隊

の3つです。何か書かざるを得ないことがあれば、指示代名詞「アレ」等で代用したいと思います。




今回は昨年に続き、フェリーと鉄道線を利用して彦根入りしました。駅に到着すると、一般利用者や多くのイベント観覧者と一緒に列車を降ります。もちろん親子連れもいますし、中にはマスコットキャラのマスコットやキーホルダーを歩くたびに音が出るほどぶら下げた方々もいらっしゃいます。
改札を抜け、駅前に出ると小規模な仮設案内所が設置されています。パンフレットは駅でもらうと良いでしょう。また、公式ガイドブックもこちらで販売されています。

IMGP4250.jpg


駅から会場までは歩いて移動します。少し距離があるので連絡バスも出ているようです。道中、やはりアレのマスコットを下げた方を非常に多く目にしましたし、アレの名前を会話中にたびたび出す方を目にしました。なるほど、ポスターを見るとアレも参加していたのです。普段からたびたび良くも悪くもマスコミに露出しているせいか、話題性の度合いは「くまモン」をはるかに凌駕しています。個人的にはなんだかな・・・と思うところがありますが、皮肉はそのあたりで留めておきます。

参加キャラクターは毎年事前に公表されていますが、私は確認せずに足を運んでいます。そちらの方がなんというか、新鮮な気持ちで訪れて材を得ることができるからです。これはあくまでも、マスコットキャラ関連のイベントだけでやっていることで、その他の・・・たとえばフィールドワーク等では事前調査が不可欠です。

いろいろと考え事をしながら歩いているとあっという間に目的地です。毎年、夢京橋キャッスルロード東側から入っています。2011年は「福ちゃん」(長野県木曽町)、12年は「唐ワンくん」(佐賀県唐津市)、13年は「ゴーちゃん」(三重県津市)がそれぞれイベントで一番最初に遭遇した「第一マスコットキャラ」となりましたが、今年はいったい誰が「第一マスコットキャラ」の座に収まるのでしょうか・・・?
会場に入ると、すでに大勢の来場者でにぎわっていました。人ごみをかき分けながら進むといましたよ!

IMGP4251.jpg
2015滋賀 びわこ総文のマスコットキャラ「湖楠」(うみな)が見事、2014年の「第一マスコットキャラ」になりました!

さて、彦根のイベントは皆様もご存知かと思いますが、2012年まで「ゆるキャラ(R)まつりin彦根~キグるミサミット~」を名乗っており、2013年以降は「ご当地キャラ博in彦根」に名称変更されています。確かに名称は変わりましたが、これら一連のイベントは連続性があるといってもよく、総称する場合はどうしようかとずいぶん前から考えていました。
そこで、やはりイベント名がたびたび変更された「唐津市中心部で毎年12月に催される、マスコットキャラが多数参加するイベント」の前例(唐津12)を踏まえ、以降 当ブログでは「彦根10」と称しましょう。距離故に観覧・取材歴はありませんが、羽生のイベントも名称変更されたのであちらも「羽生10」と総称します。

IMGP4253.jpg
続いて「たき坊」(個人?)です。東京都八王子市を拠点に活動していますが、所属団体はわかりません。
近年、このように所属団体に所属するというよりも個人に所属する形態のマスコットキャラが増えてきたような気がします。ごく一部を除くと活動基盤はそこまで強くないと思いますが、末永い活動を願っております。

IMGP4255.jpg
会場を西に移動していると、スタッフとして会場内を歩くハコモ氏に出会いました。食べたり飲んだりしますが・・・もちろん「無口でごめんなさい」です。他にも、モグリで「りしきいん」氏が歩かれていました。

IMGP4256.jpg
▲「たき坊」とハコモ氏(1)

IMGP4257.jpg
▲「たき坊」とハコモ氏(2)

IMGP4258.jpg
▲匠ポン山(信楽焼振興協議会)

IMGP4260.jpg
▲「黒たん」(奈良県黒滝村)とハコモ氏
黒滝村内にはなんと、養豚場ならぬ猪牧場があります。

IMGP4262.jpg
▲Pマン(潮騒グループ)
落花生といえば・・・やっぱり千葉ですよね?

IMGP4263.jpg
▲わんじまくん(石川県輪島漆芸美術館)
右奥は「メルギューくん」(富山県小矢部市)


IMGP4264.jpg
▲メルモモちゃん(富山県小矢部市)

IMGP4266.jpg
▲ゆるからっきー(京都激辛商店街)
商店街とはありますが、一つの通りの両脇に激辛メニューを取り扱う店舗が密集しているというわけではなく、wikipediaでは仮想商店街であると記されています。つまるところ、「京都激辛商店街」というのは団体名の一種ということになります。

IMGP4268.jpg
岐阜県高山市を拠点に活動する「お猿のくぅ」(個人)も歩き回ります。

IMGP4267.jpg
▲鼻をほじる「お猿のくぅ」

IMGP4269.jpg
▲ぴーにゃっつ(潮騒グループ)

DSC05774.jpg
▲「レルヒさん」(新潟県)が巨大でない日はない

IMGP4270.jpg
▲あさ彦(ASA彦根)

IMGP4273.jpg
▲「メルギューくん」・「メルモモちゃん」が並んで

IMGP4275.jpg
▲藤花ちゃん(愛知県江南市)
江南市内にある曼陀羅寺公園は藤の名所として知られています。

IMGP4276.jpg
▲やおっち(岐阜県八百津町)
八百津といえば・・・昔、名鉄八百津線が走っていましたね。また、八百津は栗きんとん発祥の地と伝えられています。

IMGP4278.jpgIMGP4279.jpg
▲左から、「こい姫」・「ようかん右衛門」(佐賀県小城市)

IMGP4280.jpg
▲「こい姫」・「ようかん右衛門」のツーショット

IMGP4281.jpg
「こい姫」・「ようかん右衛門」と一緒に「あさ彦」が並んで、ミニ撮影会です。

IMGP4282.jpg
「ようかん右衛門」が写真上のあり様に不満げだった(?)ようなので、3ショットも収めておきましょう。

IMGP4283.jpg
▲左から、よいとちゃん(滋賀県豊郷町)、「ゆめまるくん」(大阪市中央区)
ちなみに、「ゆめまるくん」の作者は大阪市の塩崎栄一氏です。・・・

IMGP4284.jpg
▲やっぴー(島根県浜田市弥栄自治区)
「やっぴー」と「やっぷー」(兵庫県養父市)を混同してしまい、「やっぷー」の方を撮り損ねちゃった・・・アホや俺!

IMGP4285.jpg
▲「やっぴー」と会場のにぎわい

IMGP4286.jpg
▲ぬえ左衛門(静岡県伊豆の国市商工会)

IMGP4289.jpg
これは「ふっかちゃん」・・・?

IMGP4287.jpg
いえいえ、「じょうりんちゃん」(京都府城陽町)でした。イチジクを模したマスコットキャラです。

IMGP4291.jpg
ラーメンで有名な栃木県佐野市からは「さのまる」の登場です。実は鼻が動きます。

IMGP4296.jpg
このマスコットキャラは・・・!?

IMGP4294.jpg
「えべチュン」(北海道江別市)でした。こちらは機関車でいうところ公式側。

IMGP4293.jpg
こちらは非公式側・・・といったところでしょうか。「えべチュン」を正面から見ても嘴しか見えないので、見るなら斜めからがベストです。

IMGP4298.jpg
「うなりくん」(千葉県成田市)はあいにく画像がピンボケしたので、修正を加えています。

IMGP4299.jpg
▲あたまがふくしまちゃん(あたまがふくしまちゃんプロジェクト実行委員会)

IMGP4302.jpg
▲すだちくん(徳島県)

IMGP4304.jpg
なんと・・・今年は「だるまちゃん」(小倉焼うどん研究所)も、影の相棒「じーも」とともに彦根入りしました。「だるまちゃん」と「じーも」のタッグをやたら褒め称えたのは私です。

IMGP4305.jpg
実は「だるまちゃん」、椅子に座っていました。足を組んでじっとしていても、意外にも表から見ると座っているようには見えないのです。

IMGP4306.jpg
「さかいでまろ」・・・のイラストが写った看板です。塩崎氏っぽいデザインだなと思い調べてみましたが、違いました。

IMGP4307.jpg
▲「とらにゃん」(滋賀県甲良町商工会)

たまりさんお待ちかねのメロン熊ですよ!
皆様、お待ちかねのメロン熊(北海道物産センター夕張店)が登場しましたよ!「メロン熊」のグリーティング中、その半径5メートルは常に大混雑していました。個人的には、これぐらいの人気ぶりで十分良いと思います。

IMGP4312.jpg
▲「ひーぽーちゃん」(後述)のグッズを手にする「みやざき犬」の「むぅ」(宮崎県)

IMGP4314.jpg
▲「ひーぽーちゃん」(おつかいもの本舗八条口店)
和蝋燭を模したマスコットキャラです。

IMGP4315.jpg
おや、この後ろ姿は・・・写真では結構見たことがあるような気がしますけれど。

IMGP4316.jpg
左から、「とさけんぴ」(株式会社はりま家)と「しんじょう君」(高知県須崎市)です。しかも被り物を交換して、ミニ撮影会が行われていました。

IMGP4317.jpg
▲「しんじょうくん」と「とさけんぴ」、被り物を元に戻してもらう
残念ながら、「しんじょう君」の姿を見たのはこれきりでした。カワウソ由来のマスコットなので、もう少しゆっくりと密着したかったです。

IMGP4318.jpg
▲クニ男。(国境スノーパーク)
今回は単独での活動だったようです。彼女は兵庫でお留守番でしょうか?

IMGP4320.jpg
お、紫の兜。

おや、一際「へなり」としたマスコットキャラが近づいてきた・・・と思いきや、見慣れた紫兜でした。
「みんな大好き『唐ワンくん』」です。

次回は「唐ワンくん」の一風変わったグリーティング場面から見ていきましょう。



撮影日:2014年10月18日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
おはようございます。

メロン熊のストラップ北海道の
お土産でもらいました。

これくらい大きいと
迫力ありますね!!
あぶ犬好き #- [ 編集 ]    2014年10月22日(水) 07:44
あぶ犬好きさん
あの迫力だと子供は泣いてしまうんじゃないか・・・と思ってみていましたが、意外にも喜ぶんですよね。今年の彦根でも、なかなか面白いものを見させてもらいましたよ!
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年10月22日(水) 10:27
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):