久しぶりに、祖父母家の掃除に行ってきました。
夏ということで雑草がだいぶ生い茂り、おまけに少なくなったはずのセイタカアワダチソウが勢力を取り戻している有様でした。天気の変化に強くて増殖力のある外来種は、刈り取っても刈り取ってもそう簡単に減ってくれないものですが、見て改めてげんなりとしてしまいました。

庭いじりをしていると、次々に虫の姿が目に飛び込んできます。イチジクの樹を手入れしていると、枝から木屑が出ているのに気が付きました。カミキリムシか・・・と思い、枝を切って割ってみると、中から幼虫と卵と思しき白い塊が出てきました。

カミキリ幼虫、おいしいよ。
カミキリ幼虫は小さく、残念ながら食用とするには不向きでした。もう少し大きな個体だったら、軽く炒めると美味しいのですが・・・
一方でカミキリムシはイチジクを食い荒らす害虫なので、ただでさえ酷い食害を最小限で食い止められたのは幸いでした。

カブトムシの雄だ!
庭で野菜の手入れをしていると、軒下にカブトムシがいるのに気が付きました。しかも角がある雄です。カブトムシやクワガタ(以前雄を見かけました)がいるということは、近くに甲虫類が好んで住み着きそうな場所があるということなのでしょうか。
田舎は最高です。

カマキリとバッタ
壁にカマキリとバッタが張り付いています。おや・・・右下には蜘蛛(コオロギかもしれない)もいますよ。
カマキリの捕食が見られるのかなと思っていましたが、庭いじりに集中しているあまり存在を忘れて、その後カマキリがどうしたのかはわかりません。




以下、当記事についたコメントを掲載いたします。(一部敬称略)

1. なんと
カミキリ虫って食えるんですね、知りませんでした。


なんだかわくわく動物ランド・昆虫編みたいな感じですね♪
焼きそば 2014-08-20

2. 焼きそばさん
カミキリ幼虫は木こりの間で珍味として愛されてきた食材で、以前から食べてみたいと思っていました。
昨年夏に自宅で庭いじりしていると、偶然カミキリ幼虫を見つけたので、さっそく焼いて食べてみたところ、甘みがあり美味でした!まだ小ぶりの幼虫しか見つけていないので、いずれ大ぶりの個体をいただいてみたいです。
wra(筆者) 2014-08-21

3. 無題
子どもの頃 当たり前のように見た昆虫、いまはカナブンや小さなカマキリは時々みかけますが、バッタは久しく見ておらず、カブトムシに至っては販売されているもの以外は ん十年くらい観てないきがします。 やはり、自然豊富な環境はいいですね。
カミオムツ 2014-08-21

4. カミオムツさん
我が家も山間の住宅街にあるのですが、祖父母家に比べれば十分に街だなと思うことがあります。

向こうに行けば、カブトムシにも出会えるし大きな木をザクザク剪定できるし、セイタカアワダチソウを好きなだけ引っこ抜けるわで、骨が折れるけれど楽しいですよ。
交通量の多い道さえなければ、実に素晴らしい「いなか」です!
wra(筆者) 2014-08-21

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):