京都市中心部にある河原町駅から、阪急京都線にゆられ梅田を目指します。「青春18きっぷ」を利用していれば、京都からそのままJR線を利用して大阪を目指すものですが、今回は「18きっぷ」を利用しているわけではないので、私鉄の電車を乗り継ぎながら移動しましょう。
個人的に、近畿の大手私鉄で一番好きなのは阪急です。昔から変わらないマルーン色は気品ある阪急電車の象徴といえ、初めて利用した時から虜になっています。

河原町駅に到着後、ホームに上がると6300系「京とれいん」の快速特急が停車していました。ラッキーです。
筆者が初めて阪急電車を利用した時、すでにオリジナルの6300系はなく、嵐山線向けに改造された姿を見ることになりました。一度でいいから京阪間を疾走する6300系に乗りたいと思っていましたから、今回の阪急利用は「かっ飛ばす」6300系に乗れる絶好の機会となりました。

IMGP4548.jpg
▲阪急6300系「京とれいん」座席
確かに格調高いボックス席も良いですが、やっぱり乗るんだったらオリジナルに近い転換クロスシートでしょう!・・・ということで、2両目に乗車します。ここなら、改造前の雰囲気を感じながらモーター音も満喫できます。

IMGP4549.jpg
▲阪急6300系「京とれいん」車端部

乗車してから数分後、列車は河原町駅を出発しました。地上に上がると、しばらく順調な走りを見せてくれますが、西山天王山駅を通過したあたりから、速度を落として徐行運転をはじめます。まもなく東海道本線・新幹線と並走する区間ですが、ずっと徐行運転です。車窓左手を見ていると、N700系「のぞみ」が高速で接近し、あっという間に遠ざかっていきました。

茨木市駅付近からようやく速度が上がり始め、往年の走りを満喫することができました。この「京とれいん」は観光客の心を満たしてくれるだけでなく、「やっぱり特急用として生まれたからには、爆走してもらわなくちゃ・・・」というマニア心も満たしてくれる列車なのです。

梅田駅2号線に到着した阪急6300系「京とれいん」
梅田駅に到着しました。ここから歩いて阪神電鉄の梅田駅を目指します。

梅田駅3号線に到着する京都線8300系準急
途中で追い越した8300系の準急梅田行きが到着しました。

撮影日:2014年10月19日
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
No title
こんにちは。ここからしばらく阪急への不満たらたらな文章になってしまうことをお許しあれ。

あー、あれはなんというか先行する9300系のクソ「特急(笑)」(淡路にも茨木にも長岡天神にも止まる。誠に不要な種別です)のせいなんです。
止まりすぎのくせに最高時速115km/hなので、続行ダイヤを組まなければ最高時速110km/hでも気品があって素晴らしい『京とれいん』に追い付いてしまうため、通過ダイヤでも徐行を繰り返す。本当に情けないダイヤになってしまいました…(><)

車両は素晴らしいのにダイヤはダメな阪急電車。
利用者からしたら京阪間の移動はJRに流れても仕方ないなあ…って、半分あきらめながら、京都市内へ行くときはほぼ必ず利用してしまいます。
うるふ #- [ 編集 ]    2014年11月10日(月) 22:56
No title
上記のコメントで注釈。
昔の阪急の再速達は途中駅ノンストップかつ、普通の電車でも看板車も古い車も整備されていて快適な会社でした。
あのときのクイーンな6300系を知っていたら、延命的なこれに対してはうれしくもあり、なおかつ徐行という点で悲しくもあり…ある意味複雑なんです。

ではでは~。
うるふ #- [ 編集 ]    2014年11月10日(月) 22:59
うるふさん
なるほど・・・やはりそうかとは思っていました。前の列車が詰まっていたんですね。確かに、阪急京都線や京阪の特急は停車駅が増えすぎたかなと思います。

JR鹿児島線の快速もそれなりにひどく、快速の停車駅は増えるし、特急は無駄に本数が多いし、明らかに「特急に乗れ」という姿勢が見えてしまうのが悲しいです。しかも、ただでさえ遅い快速よりも遅い準快速が登場する有様ですから、もう凄いことになっています。
駅で列車を待っているとき、特急が通過するたびに「ちくしょうめ!」と睨んでしまいます。博多から特急に乗ると、福間と東郷で料金差が大きい(距離の関係上)し、しかも赤間折り返しが減って福間折り返しの列車が増えたし、宗像市民にとって不便この上ない状況になりましたよ。10年前まで博多~東郷間の快速停車駅が、吉塚・香椎・福間だけだったのが夢のようです。
近畿で新快速に乗ったとき、その速さに感動するのは以上のような理由があるからかもしれません。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年11月10日(月) 23:47
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):