阪九フェリー「フェリーすおう」に乗船し、神戸から新門司へと移動します。20時の出航から続いた船旅も長そうで短く、あっというまに新門司到着です。

DSC05807.jpg
▲甲板から操舵室を眺めて

DSC05809.jpg
進行方向左手前方に目をやると、第1便として先に新門司に到着したのち、沖止め中の名門大洋フェリー「きたきゅうしゅう」の姿が見えました。

20141020075112(1).jpg
飛行機が新北九州空港に着陸します。

DSC05810.jpg
いよいよ名門大洋フェリー「きたきゅうしゅう」の近くにまでやってきました。ということは、新門司到着まであと十~二十数分といったところです。

IMGP4566.jpg
▲まもなく新門司到着だ

DSC05811.jpg
▲名門大洋フェリー「きたきゅうしゅう」

IMGP4567.jpg
エントランスに戻ると、すでに下船の列が出来上がっていました。

IMGP4568.jpg
▲「フェリーすおう」の売店

IMGP4569.jpg
▲新門司上下船口

IMGP4570.jpg
ようやく新門司に入港です。

IMGP4571.jpg
▲背後を行く名門大洋フェリー「きょうと2」

IMGP4573.jpg
▲左から、オーシャン東九フェリー(新門司~徳島~東京)「おーしゃんさうす」、阪九フェリー「つくし」

IMGP4574.jpg
▲背後には、名門大洋フェリーの2隻

IMGP4575.jpg
▲新門司入港

DSC05812.jpg
▲オーシャン東九フェリー「おーしゃんさうす」
「おーしゃんのーす」とともに、カジュアルタイプのフェリーです。

DSC05813.jpg
▲阪九フェリー「つくし」
この船は以前、新門司~泉大津間利用の際に乗船したことがあります。

DSC05814.jpg
▲オーシャン東九フェリー「おーしゃんさうす」(2)

DSC05815.jpg
▲阪九フェリー「つくし」と、新門司第1ターミナル

20141020081652(1).jpg
名門大洋フェリー「きょうと2」の方も、間もなく入港です。


▲乗船映像(その1)


▲乗船映像(その2)

撮影日:2014年10月20日

「阪九フェリー『フェリーすおう』乗船記録2(神戸→新門司)」(完)
関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。




スポンサードリンク
  コメント
大きな船もいいものですね。
小さな遊覧船は今年乗りましたが、大型の船舶はもう何十年も乗ってないなあ。


こうしてみると、様々な交通機関を利用されてるんですね。俺のブログじゃあ出てこないカテゴリです。
焼きそば #t50BOgd. [ 編集 ]    2014年11月14日(金) 21:57
焼きそばさん
数年前までは、近畿に行くのに新幹線を利用していました。新幹線は運賃が高いし、大学生は加えて時間があるので、昔から船を使っていれば財布に優しかったのかな・・・なんて後悔していますよ!
夜行の船旅は何といっても、夜明け時に眺める水平線が一番良いです。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年11月14日(金) 23:49
No title
フェリー衰退のなか、この路線は結構乗船していて、驚きました。

新門司港が、門司駅から離れていて不便ですね・・・
レラティー #rcEo15nI [ 編集 ]    2014年11月15日(土) 08:54
レラティーさん
新門司港は・・・門司市街地から山を挟んで反対側にあるので、送迎バスの存在が不可欠ですよ。
新幹線に誘導したがっているせいか、夜行列車が絶滅寸前になっている中、これからも夜行航路には頑張ってもらいたいものです。急行「はまなす」はどうなるやら・・・
新幹線は高すぎるので、時間があればフェリーを利用するのが定番になっています。
wra #9MBBB9Tg [ 編集 ]    2014年11月15日(土) 17:52
コメントを投稿する
URL(任意):
コメント:
Pass(削除用):